Thanks! 10th ANNIVERSARY  特別企画
カテゴリ:第百話(まこと篇-4)( 1 )

第百話(まこと篇-4)

テレビだけが一人でしゃべり続けていた。
あまり趣味のよくないネクタイのキャスターがその日の主な項目が終わったことを告げ、放送は再びコマーシャルへと切り替わった。

「あたしがあんたくらいの頃にはもう一人ぼっちだったんだ。
ううん、それよりもずっと前からあたしは一人きりだった」

ぽつりと母が口にした。
視線は手の中のミカンに向けられたままだ。

「親なんてわからなくて、気がついた時には施設にいたんだよ。
それもろくでもないところでさ、たぶん元々は税金対策かなんかで始めた場所だったんだろうね。
とにかくあればいいっていうか、一事が万事いい加減だったよ。
でも子供にはそんなことわからないからね。
覚えているのはとにかく職員がころころ変わったことかな。
まともなやつが来た試しなんてなかったね。
食事も十分じゃなくてさ、いっつもお腹空かせてたもんだよ」

母は剥き終わった実を口に運ぶこともせず苛立たしげにまだ筋を取っていた。
ヒトデみたいに広がった皮の上に糸屑に似た白い繊維の切れ端が積まれていった。
いびつに絡み合った菌糸のような形が今にも自分から動き出しそうだった。

「どうすると思う? そういう時」

初めて聞く母の昔話に当惑しながら、わからない、と答えた。
耳に返った自分の声はひどくかすれていた。
母はだがちらりとまことを一瞥しただけでまた目線を自分の手元に戻すと、人差し指の爪でもうほとんど残っていないミカンの実の表面を軽く引っ掻くような動作を続けた。
仕方なくまこともただその様子を眺め続けた。

ようやく母の腕が動いた。
すっかりつるつるになった橙色の実の一房が一瞬で青味がかった紫色の唇の中に消えていった。
果実を飲み込む母の咽喉の動く音が耳元で大きく鳴った気もした。

「どうしてもお腹が減って眠れない時にはさ、新入りの若い男の職員つかまえて、パンツの中見せてやったり触らせてやったりするんだよ。
そうするとコッペパンの一個くらい簡単に手に入ったもんだ」

男なんてそんなもんだよ、と続けて嘯いた母はまた新しい一房を口に運んだ。
次の言葉はミカンを咀嚼しながらだった。

「あんただってあたしと一緒さ。
どう足掻いてもあんたはあたしの娘なんだ。
こんなあたしがくれてやったものの中で値段がつきそうなのはそこだけなんだよ」

コタツの中で母の脚が動いてまことの膝にぶつかってきた。
母がその一番奥にある場所を指していることは訊き返すまでもなかった。

「だからあんたも、あんな程度のことでびびるんじゃないよ」

背筋が一瞬ぞくりと震えた。
知ってるんだ。
あの男があたしに何をしようとしたか。
ちゃんとわかってるんだ。
それでもこの人はあいつに尻尾を振り続けるんだ。

気がつくとコタツの中で両手をきつく握り締めていた。
体が熱いのはもうコタツのせいではなかった。
全然違った。

奥歯が震え出しそうになっていた。
顔が勝手に持ち上がりじっと母を睨みつけていた。
そんなことするつもりもなかったのに止められなかった。
怒りと悲しみとが実はとてもよく似た感情であることを知ったのもこの時だった。

「なんだい、その目は」

ミカンを弄んでいた母の手が止まった。
だがこの時ばかりはまことも目を逸らさなかった。
逸らしたくなかった。
殴られてもかまわないと思っていた。

しばらくそのまま睨み合った。
だがそれも実際にはほんのわずかな時間だったに違いない。
結局先に顔を背けたのは母の方だった。

「あんたにはあたしがいただけありがたいと思いな」

「何がだよ」

思うより先に声が出た。
自分でも驚くほど低い音だった。

買物もゴミの片付けもあたしがやってる。
食べ残しを捨て食器を洗うのもあたしじゃないか。
いったいあんたが何をしてくれてるっていうんだ。
思いは今や破裂しそうに脳裏に渦巻き言葉にするのすらもどかしく、そのせいでかえってそこから先をすぐに続けることができなかった。

母が顎を伸ばしてだらしなくミカンを口に放り込んだ。
その仕草を黙って見つめた。
ニュース番組の女性アナウンサーの声だけがだらしなく温んだ部屋の空気を縫っていた。
系列局がこの渦中の人物への独占取材に成功しましたとかいった言葉が耳に入り辛うじて意味を為して行き過ぎて消えた。

「そのうちあたしがいなくなったらきっとあんたも思い知るよ」

テレビに目を戻しながら母が小声で吐き捨てた。
それでもなおまことは母を凝視したままでいた。
けれどその時だった。

不意に母の目が大きく見開いた。
口の中にはまだミカンが残っているのに顎を動かすことさえ止めている。
不思議に思ってまことも画面に目をやった。

「いやだからね、風評被害っていうんですか、私も困ってるんですよ」

ブラウン管の中では本人が特定できぬよう顔のモザイクのかかった男が、やはり同じ理由から機械を通してすっかり無機質に変換された音声でしゃべっていた。
一番下には飲食店経営者というテロップが妙に堅苦しく浮いていた。


[第九十九話(まこと篇-4)] [第百一話(まこと篇-4)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-05-09 10:31 | 第百話(まこと篇-4) | Comments(1)

その日、止まっていたはずの彼女たちの物語が再びそっと動き始めた。
by takuyaasakura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ごあいさつ
トレーラー
第一話(イントロダクション)
第二話(イントロダクション)
第三話(イントロダクション)
第四話(イントロダクション)
第五話(はるか篇-1)
第六話(はるか篇-1)
第七話(はるか篇-1)
第八話(はるか篇-1)
第九話(はるか篇-1)
第十話(はるか篇-1)
第十一話(はるか篇-1)
第十二話(はるか篇-1)
第十三話(はるか篇-1)
第十四話(はるか篇-1)
第十五話(はるか篇-1)
第十六話(はるか篇-1)
第十七話(はるか篇-1)
第十八話(はるか篇-1)
第十九話(はるか篇-1)
第二十話(はるか篇-1)
第二十一話(まこと篇-1)
第二十二話(まこと篇-1)
浅倉卓弥より年末のご挨拶
浅倉卓弥より年始のご挨拶
第二十三話(まこと篇-1)
第二十四話(まこと篇-1)
第二十五話(まこと篇-1)
第二十六話(まこと篇-1)
第二十七話(まこと篇-1)
第二十八話(まこと篇-1)
第二十九話(まこと篇-1)
第三十話(まこと篇-1)
第三十一話(まこと篇-1)
第三十二話(はるか篇-2)
第三十三話(はるか篇-2)
第三十四話(はるか篇-2)
第三十五話(はるか篇-2)
第三十六話(はるか篇-2)
第三十七話(はるか篇-2)
第三十八話(はるか篇-2)
第三十九話(はるか篇-2)
第四十話(はるか篇-2)
第四十一話(はるか篇-2)
第四十二話(まこと篇-2)
第四十三話(まこと篇-2)
第四十四話(まこと篇-2)
第四十五話(まこと篇-2)
第四十六話(まこと篇-2)
第四十七話(まこと篇-2)
第四十八話(まこと篇-2)
第四十九話(まこと篇-2)
第五十話(まこと篇-2)
第五十一話(まこと篇-2)
第五十二話(まこと篇-2)
第五十三話(まこと篇-2)
第五十四話(まこと篇-2)
第五十五話(まこと篇-2)
第五十六話(まこと篇-2)
第五十七話(まこと篇-2)
第五十八話(はるか篇-3)
第五十九話(はるか篇-3)
第六十話(はるか篇-3)
第六十一話(はるか篇-3)
第六十二話(はるか篇-3)
第六十三話(はるか篇-3)
第六十四話(はるか篇-3)
前半のあらすじ
浅倉卓弥インタビュー[1]
浅倉卓弥インタビュー[2]
浅倉卓弥インタビュー[3]
第六十五話(はるか篇-3)
第六十六話(まこと篇-3)
第六十七話(まこと篇-3)
第六十八話(まこと篇-3)
第六十九話(まこと篇-3)
第七十話(まこと篇-3)
第七十一話(まこと篇-3)
第七十二話(まこと篇-3)
第七十三話(まこと篇-3)
第七十四話(まこと篇-3)
第七十五話(まこと篇-3)
第七十六話(まこと篇-3)
第七十七話(まこと篇-3)
第七十八話(まこと篇-3)
第七十九話(まこと篇-3)
第八十話(まこと篇-3)
第八十一話(まこと篇-3)
第八十二話(まこと篇-3)
第八十三話(まこと篇-3)
第八十四話(まこと篇-3)
第八十五話(まこと篇-3)
第八十六話(まこと篇-3)
第八十七話(はるか篇-4)
第八十八話(はるか篇-4)
第八十九話(はるか篇-4)
第九十話(はるか篇-4)
第九十一話(はるか篇-4)
第九十二話(はるか篇-4)
第九十三話(はるか篇-4)
第九十四話(はるか篇-4)
第九十五話(はるか篇-4)
第九十六話(まこと篇-4)
第九十七話(まこと篇-4)
第九十八話(まこと篇-4)
第九十九話(まこと篇-4)
第百話(まこと篇-4)
第百一話(まこと篇-4)
第百二話(まこと篇-4)
第百三話(まこと篇-4)
第百四話(まこと篇-4)
第百五話(まこと篇-4)
第百六話(まこと篇-4)
第百七話(まこと篇-4)
第百八話(まこと篇-4)
第百九話(まこと篇-4)
第百十話(まこと篇-4)
第百十一話(まこと篇-4)
第百十二話(まこと篇-4)
第百十三話(はるか篇-5)
第百十四話(はるか篇-5)
第百十五話(はるか篇-5)
第百十六話(はるか篇-5)
第百十七話(はるか篇-5)
第百十八話(はるか篇-5)
第百十九話(はるか篇-5)
第百二十話(はるか篇-5)
第百二十一話(はるか篇-5)
第百二十二話(はるか篇-5)
第百二十三話(はるか篇-5)
第百二十四話(はるか篇-5)
第百二十五話(はるか篇-5)
第百二十六話(はるか篇-5)
第百二十七話(はるか篇-5)
第百二十八話(まこと篇-5)
第百二十九話(まこと篇-5)
第百三十話(まこと篇-5)
第百三十一話(まこと篇-5)
第百三十二話(まこと篇-5)
第百三十三話(まこと篇-5)
第百三十四話(まこと篇-5)
第百三十五話(まこと篇-5)
第百三十六話(まこと篇-5)
第百三十七話(まこと篇-5)
第百三十八話(まこと篇-5)
第百三十九話(まこと篇-5)
第百四十話(まこと篇-5)
第百四十一話(まこと篇-5)
第百四十二話(まこと篇-5)
第百四十三話(まこと篇-5)
第百四十四話(まこと篇-5)
第百四十五話(まこと篇-5)
第百四十六話(まこと篇-5)
第百四十七話(まこと篇-5)
第百四十八話(まこと篇-5)
第百四十九話(はるか篇-6)
第百五十話(はるか篇-6)
浅倉卓弥より第百五十話に寄せて
第百五十一話(はるか篇-6)
第百五十二話(はるか篇-6)
第百五十三話(はるか篇-6)
第百五十四話(はるか篇-6)
第百五十五話(はるか篇-6)
第百五十六話(はるか篇-6)
第百五十七話(はるか篇-6)
第百五十八話(はるか篇-6)
第百五十九話(はるか篇-6)
第百六十話(はるか篇-6)
第百六十一話(はるか篇-6)
第百六十二話(はるか篇-6)
第百六十三話(はるか篇-6)
第百六十四話(はるか篇-6)
第百六十五話(はるか篇-6)
第百六十六話(まこと篇-6)
第百六十七話(まこと篇-6)
第百六十八話(まこと篇-6)
第百六十九話(まこと篇-6)
第百七十話(まこと篇-6)
第百七十一話(まこと篇-6)
第百七十二話(まこと篇-6)
第百七十三話(まこと篇-6)
第百七十四話(まこと篇-6)
第百七十五話(まこと篇-6)
第百七十六話(まこと篇-6)
第百七十七話(まこと篇-6)
第百七十八話(まこと篇-6)
第百七十九話(まこと篇-6)
第百八十話(まこと篇-6)
第百八十一話(まこと篇-6)
第百八十二話(まこと篇-6)
第百八十三話(まこと篇-6)
第百八十四話(まこと篇-6)
第百八十五話(まこと篇-6)
第百八十六話(まこと篇-6)
第百八十七話(はるか篇-7)
第百八十八話(はるか篇-7)
第百八十九話(はるか篇-7)
第百九十話(はるか篇-7)
第百九十一話(はるか篇-7)
第百九十二話(はるか篇-7)
第百九十三話(はるか篇-7)
第百九十四話(はるか篇-7)
第百九十五話(はるか篇-7)
第百九十六話(はるか篇-7)
第百九十七話(まこと篇-7)
第百九十八話(まこと篇-7)
第百九十九話(まこと篇-7)
第二百話(まこと篇-7)
第二百一話(まこと篇-7)
第二百二話(まこと篇-7)
第二百三話(まこと篇-7)
第二百四話(まこと篇-7)
第二百五話(まこと篇-7)
第二百六話(はるか篇-8)
第二百七話(はるか篇-8)
第二百八話(はるか篇-8)
第二百九話(はるか篇-8)
第二百十話(はるか篇-8)
第二百十一話(はるか篇-8)
第二百十二話(はるか篇-8)
第二百十三話(はるか篇-8)
第二百十四話(はるか篇-8)
第二百十五話(はるか篇-8)
第二百十六話(はるか篇-8)
第二百十七話(まこと篇-8)
第二百十八話(まこと篇-8)
第二百十九話(まこと篇-8)
第二百二十話(まこと篇-8)
第二百二十一話(まこと篇-8)
第二百二十二話(まこと篇-8)
第二百二十三話(まこと篇-8)
第二百二十四話(まこと篇-8)
第二百二十五話(まこと篇-8)
第二百二十六話(まこと篇-8)
第二百二十七話(まこと篇-8)
第二百二十八話(まこと篇-8)
第二百二十九話(まこと篇-8)
第二百三十話(終章)
第二百三十一話(終章)
第二百三十二話(終章)
第二百三十三話(終章)
第二百三十四話(終章)
第二百三十五話(終章)
第二百三十六話(終章)
第二百三十七話(終章)
第二百三十八話(終章)
[登場人物]

来生まこと
24歳。小学校時代に母親とともにはるかの隣家へ越して来る。以後は、はるかにとって一番近い存在となったのだけれど、高校卒業を前に家を出て現在は所在不明。

片岡はるか
24歳。教職についていた両親の一人娘で、自身は現在保育士として地元の幼稚園に勤めている。母の死後、二人暮しで衰えた父親の面倒を見ながら日々を送っている。

久住哲平
湖畔の食堂の一人息子。まこととはるかの二つ上で、二人の幼馴染み。現在は自動車修理工で故郷を離れている。



浅倉卓弥
(あさくら たくや)


1966年7月13日北海道札幌生れ。東京大学文学部卒。
2002年『四日間の奇蹟』で第一回『このミステリーがすごい!』大賞金賞を受賞し翌年デビュー。『君の名残を』、『雪の夜話』、『北緯四十三度の神話』、『ライティングデスクの向こう側』、『ビザール・ラヴ・トライアングル』など、次々と話題作を発表する気鋭の若手ベストセラー作家。



[連載小説]
*毎週月~金曜日連載*



[おことわり]

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認、内容により予告なく削除致します。予めご了承ください。
最新のコメント
気軽にセックスしたい人
by セックスフレンド募集コミュ at 13:21
登録するだけ!あとはメー..
by 逆ナン at 14:27
誰だよ。今ネットでも話題..
by あやの at 17:00
リア友に知られると不味い..
by リア友 at 19:38
はじめまして、これからお..
by KiRaRa 悪質 at 17:39
こんな時だからこそ、生..
by 備えあれば憂いナシ!! at 07:28
マグロだけですよ?!ベ..
by なっ、なんぞーっ?! at 06:49
自分はワンピースが一番好..
by ワンピース at 15:07
俺みたいなオッサン相手..
by 40歳のオッサンだったけど at 22:57
どぷゅんどぷゅん中に注..
by 満タンいきますです at 15:38
3発でまだ足りないって..
by んなアホな!? at 11:09
俺、初めてフェラティー..
by すごく気持ちよかった! at 14:14
今までデリ嬢に金払って..
by お゛お゛お゛お゛お゛ at 15:38
家出少女が集う家出掲示板..
by 家出掲示板 at 12:12
うにゃぁぁぁ!!8万で..
by もうキムタマからっぽw at 08:12
モバゲーもいいけどモバゲ..
by モバゲー at 14:15
只今身体の相性合う人探し..
by セフレ at 11:02
あんなに激しい騎 乗 ..
by まだ先っぽジンジンしてるw at 11:47
セレヴと契約して、美味..
by 生活レベルアップ!!!! at 02:51
ぷにぷにのパ イ パ ..
by ピューピュー吹いてましたwww at 07:29
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧