Thanks! 10th ANNIVERSARY  特別企画
カテゴリ:第百二十二話(はるか篇-5)( 1 )

第百二十二話(はるか篇-5)

まあつまり、年を取ると開きなおりも結構簡単になるっていう訳かしらね、と続けた彼女はそれから顔の前に人差し指を立て、さて、ここで問題です、といった。

「体毛が薄い、頭が大きい。これってなんだと思う?」

首を傾げながら浮かんだ答えを口にした。

「人と、動物の違いですか」

飯島先生はよくできましたという感じで頷きながら、正解、と口にした。

「でもね、答えはもう一つあるのよ。
この二つは生まれたばかりの動物の特徴でもあるのね。
草食動物や犬猫とか、中にはちゃんと毛皮に覆われた姿で出てくるのもいるけれど、ネズミなんかはぽよぽよとしか生えてないし鳥もほとんどそうでしょう? 
カンガルーなんかに至ってはほぼ剥き身といっていい状態だし」

剥き身ですか、と思わず繰り返してしまった。
なんかおかしかったかしら、と真顔で訊き返され慌てて手を振って否定した。
飯島先生が小さく笑いはるかの頬もつられて少しだけ綻んだ。

「何がいいたいかというとね、あたしたち人間は子供のまま大人になる世にも珍妙な動物なんだということ。
子供の特徴を備えたまま成体になる生き物を表すのにネオテニという言葉もあるんだけれど、我々はいわばその最たるものなのね」

どう返事していいかわからず、はあ、とだけ応じた。

「でもね、大人とか子供とかっていってるのも、つまりそういう名前をつけて何かを区別しようとしてるのも所詮人間だけなのよ。
一番特殊な私たちがそういう言葉を作り出してさも普遍的なものであるかのように理解しようとしている。
それがある時とてもおかしく思えたの。
だってさ、なんだか自分のことだけはすっかり棚上げにしちゃってるくせに人にお説教してる偉い人みたいな感じがしない? 
そうでもないかな。

とにかくね、ある時そう考えられてあたしは、なんていうのかな、どこかが吹っ切れた気がするのよ。
自分を大人だと決める必要を感じることも、あるいはまだまだ子供だと思うことにも、だから本当はきっと大した意味なんてないのよ」

そこまでいった彼女は、なんかあんまり励ましてる感じがしなくなってきちゃったねえと自分でも不思議そうに首を傾げた。

「それにさ、男って時々、園の子供たちにすごく似てるなあ、って思うこと、はるかちゃんない?」

そうなのかもしれないとも思った。
けれどすぐには思い当たる節が見つけられなくて首を振る動きが中途半端になった。

「でも、あたしなんであんなこと―」

少し時間が経ったことでいつのまに胸に悔しさみたいなものが湧いていた。
慌てて飲み込んだ言葉の続きを察してくれたのか、飯島先生は大袈裟に肩をすくめて見せた。

「しょうがないよ。好きだとか愛してるなんて言葉はいわれるだけで気持ちいいもの。
なんでかはよくわからないけどね」

そういうと飯島先生は両手を持ち上げて伸びをして、でもあたしはもうずいぶんしばらくいわれてないなあ、とちょっぴり悔しそうに笑った。

そこでふと時計を見ると思った以上に遅い時間になっていた。
向かいの相手もすぐそのことに気づいたようだった。

「明日もあるし、じゃあそろそろ引き上げようか」

頷いたはるかに飯島先生は、大丈夫ね、と重ねて念を押し、それからまた何かいいかけて止めた。
少なくともはるかにはそんなふうに見えた。

伝票を持って立ち上がった彼女の後を追いかけてアイスティーの分の会計を渡した。
そう? このくらいおごりでもいいと思ってたけど、じゃあもらっとくね、といった彼女にはい、と答えて頭を下げた。

別れ際の駐車場で、また電話くれて全然いいからねと飯島先生は手を振ってくれた。
おやすみなさいと一礼し自分もマーチに乗り込んだ。
けれどキーを差し込んだだけですぐにはエンジンをかけることはしなかった。

まもなく少し向こうで一台の車が動き出した。
シルエットしかわからなかったけれど飯島先生のものに違いなかった。
その小型車がウィンカーを点滅させ道路へと出ていく後ろ姿をぼんやりと見送った。

一人で居間にいた時よりもほんの少しだけ心が軽くなっていた。
確かにそれは本当だった。
でも思い返せば自分はまだ何も決められないままだったし、どこか今と違う場所へ向かって歩き出すことさえいなかった。

店内の喧騒が嘘のように駐車場はしんとしていた。
手をかけていたハンドルにおでこを乗せまたはるかは一つ息を吐いた。
夜気が車内にも偲び込み吐息を白く染め変えた。

ふと見上げると、いつのまに月が頭上に高かった。
半月にほど近いわずかに膨らんだ月だった。
儚い光線でうっすらと自身の周囲を照らし、雲の影を映し出している。
まるで空にかすかに開いた隙間をようやく見つけて顔を出したとでもいった様子だった。

―愛してる、か。

しばらくいわれてないやと笑った飯島先生の顔を浮かべながらそう胸の中で言葉にしてみた。
少しだけ羨望に似た気持ちを感じたけれど、自分でもすぐにはその理由がわからなかった。

けれどその時不意に昔のある出来事が胸に甦ってきた。
月とその短い言葉とが記憶を呼び覚ましたのに違いなかった。
それは今の今まですっかり忘れていた思い出だった。


[第百二十一話(はるか篇-5)] [第百二十三話(はるか篇-5)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-06-10 10:43 | 第百二十二話(はるか篇-5) | Comments(0)

その日、止まっていたはずの彼女たちの物語が再びそっと動き始めた。
by takuyaasakura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ごあいさつ
トレーラー
第一話(イントロダクション)
第二話(イントロダクション)
第三話(イントロダクション)
第四話(イントロダクション)
第五話(はるか篇-1)
第六話(はるか篇-1)
第七話(はるか篇-1)
第八話(はるか篇-1)
第九話(はるか篇-1)
第十話(はるか篇-1)
第十一話(はるか篇-1)
第十二話(はるか篇-1)
第十三話(はるか篇-1)
第十四話(はるか篇-1)
第十五話(はるか篇-1)
第十六話(はるか篇-1)
第十七話(はるか篇-1)
第十八話(はるか篇-1)
第十九話(はるか篇-1)
第二十話(はるか篇-1)
第二十一話(まこと篇-1)
第二十二話(まこと篇-1)
浅倉卓弥より年末のご挨拶
浅倉卓弥より年始のご挨拶
第二十三話(まこと篇-1)
第二十四話(まこと篇-1)
第二十五話(まこと篇-1)
第二十六話(まこと篇-1)
第二十七話(まこと篇-1)
第二十八話(まこと篇-1)
第二十九話(まこと篇-1)
第三十話(まこと篇-1)
第三十一話(まこと篇-1)
第三十二話(はるか篇-2)
第三十三話(はるか篇-2)
第三十四話(はるか篇-2)
第三十五話(はるか篇-2)
第三十六話(はるか篇-2)
第三十七話(はるか篇-2)
第三十八話(はるか篇-2)
第三十九話(はるか篇-2)
第四十話(はるか篇-2)
第四十一話(はるか篇-2)
第四十二話(まこと篇-2)
第四十三話(まこと篇-2)
第四十四話(まこと篇-2)
第四十五話(まこと篇-2)
第四十六話(まこと篇-2)
第四十七話(まこと篇-2)
第四十八話(まこと篇-2)
第四十九話(まこと篇-2)
第五十話(まこと篇-2)
第五十一話(まこと篇-2)
第五十二話(まこと篇-2)
第五十三話(まこと篇-2)
第五十四話(まこと篇-2)
第五十五話(まこと篇-2)
第五十六話(まこと篇-2)
第五十七話(まこと篇-2)
第五十八話(はるか篇-3)
第五十九話(はるか篇-3)
第六十話(はるか篇-3)
第六十一話(はるか篇-3)
第六十二話(はるか篇-3)
第六十三話(はるか篇-3)
第六十四話(はるか篇-3)
前半のあらすじ
浅倉卓弥インタビュー[1]
浅倉卓弥インタビュー[2]
浅倉卓弥インタビュー[3]
第六十五話(はるか篇-3)
第六十六話(まこと篇-3)
第六十七話(まこと篇-3)
第六十八話(まこと篇-3)
第六十九話(まこと篇-3)
第七十話(まこと篇-3)
第七十一話(まこと篇-3)
第七十二話(まこと篇-3)
第七十三話(まこと篇-3)
第七十四話(まこと篇-3)
第七十五話(まこと篇-3)
第七十六話(まこと篇-3)
第七十七話(まこと篇-3)
第七十八話(まこと篇-3)
第七十九話(まこと篇-3)
第八十話(まこと篇-3)
第八十一話(まこと篇-3)
第八十二話(まこと篇-3)
第八十三話(まこと篇-3)
第八十四話(まこと篇-3)
第八十五話(まこと篇-3)
第八十六話(まこと篇-3)
第八十七話(はるか篇-4)
第八十八話(はるか篇-4)
第八十九話(はるか篇-4)
第九十話(はるか篇-4)
第九十一話(はるか篇-4)
第九十二話(はるか篇-4)
第九十三話(はるか篇-4)
第九十四話(はるか篇-4)
第九十五話(はるか篇-4)
第九十六話(まこと篇-4)
第九十七話(まこと篇-4)
第九十八話(まこと篇-4)
第九十九話(まこと篇-4)
第百話(まこと篇-4)
第百一話(まこと篇-4)
第百二話(まこと篇-4)
第百三話(まこと篇-4)
第百四話(まこと篇-4)
第百五話(まこと篇-4)
第百六話(まこと篇-4)
第百七話(まこと篇-4)
第百八話(まこと篇-4)
第百九話(まこと篇-4)
第百十話(まこと篇-4)
第百十一話(まこと篇-4)
第百十二話(まこと篇-4)
第百十三話(はるか篇-5)
第百十四話(はるか篇-5)
第百十五話(はるか篇-5)
第百十六話(はるか篇-5)
第百十七話(はるか篇-5)
第百十八話(はるか篇-5)
第百十九話(はるか篇-5)
第百二十話(はるか篇-5)
第百二十一話(はるか篇-5)
第百二十二話(はるか篇-5)
第百二十三話(はるか篇-5)
第百二十四話(はるか篇-5)
第百二十五話(はるか篇-5)
第百二十六話(はるか篇-5)
第百二十七話(はるか篇-5)
第百二十八話(まこと篇-5)
第百二十九話(まこと篇-5)
第百三十話(まこと篇-5)
第百三十一話(まこと篇-5)
第百三十二話(まこと篇-5)
第百三十三話(まこと篇-5)
第百三十四話(まこと篇-5)
第百三十五話(まこと篇-5)
第百三十六話(まこと篇-5)
第百三十七話(まこと篇-5)
第百三十八話(まこと篇-5)
第百三十九話(まこと篇-5)
第百四十話(まこと篇-5)
第百四十一話(まこと篇-5)
第百四十二話(まこと篇-5)
第百四十三話(まこと篇-5)
第百四十四話(まこと篇-5)
第百四十五話(まこと篇-5)
第百四十六話(まこと篇-5)
第百四十七話(まこと篇-5)
第百四十八話(まこと篇-5)
第百四十九話(はるか篇-6)
第百五十話(はるか篇-6)
浅倉卓弥より第百五十話に寄せて
第百五十一話(はるか篇-6)
第百五十二話(はるか篇-6)
第百五十三話(はるか篇-6)
第百五十四話(はるか篇-6)
第百五十五話(はるか篇-6)
第百五十六話(はるか篇-6)
第百五十七話(はるか篇-6)
第百五十八話(はるか篇-6)
第百五十九話(はるか篇-6)
第百六十話(はるか篇-6)
第百六十一話(はるか篇-6)
第百六十二話(はるか篇-6)
第百六十三話(はるか篇-6)
第百六十四話(はるか篇-6)
第百六十五話(はるか篇-6)
第百六十六話(まこと篇-6)
第百六十七話(まこと篇-6)
第百六十八話(まこと篇-6)
第百六十九話(まこと篇-6)
第百七十話(まこと篇-6)
第百七十一話(まこと篇-6)
第百七十二話(まこと篇-6)
第百七十三話(まこと篇-6)
第百七十四話(まこと篇-6)
第百七十五話(まこと篇-6)
第百七十六話(まこと篇-6)
第百七十七話(まこと篇-6)
第百七十八話(まこと篇-6)
第百七十九話(まこと篇-6)
第百八十話(まこと篇-6)
第百八十一話(まこと篇-6)
第百八十二話(まこと篇-6)
第百八十三話(まこと篇-6)
第百八十四話(まこと篇-6)
第百八十五話(まこと篇-6)
第百八十六話(まこと篇-6)
第百八十七話(はるか篇-7)
第百八十八話(はるか篇-7)
第百八十九話(はるか篇-7)
第百九十話(はるか篇-7)
第百九十一話(はるか篇-7)
第百九十二話(はるか篇-7)
第百九十三話(はるか篇-7)
第百九十四話(はるか篇-7)
第百九十五話(はるか篇-7)
第百九十六話(はるか篇-7)
第百九十七話(まこと篇-7)
第百九十八話(まこと篇-7)
第百九十九話(まこと篇-7)
第二百話(まこと篇-7)
第二百一話(まこと篇-7)
第二百二話(まこと篇-7)
第二百三話(まこと篇-7)
第二百四話(まこと篇-7)
第二百五話(まこと篇-7)
第二百六話(はるか篇-8)
第二百七話(はるか篇-8)
第二百八話(はるか篇-8)
第二百九話(はるか篇-8)
第二百十話(はるか篇-8)
第二百十一話(はるか篇-8)
第二百十二話(はるか篇-8)
第二百十三話(はるか篇-8)
第二百十四話(はるか篇-8)
第二百十五話(はるか篇-8)
第二百十六話(はるか篇-8)
第二百十七話(まこと篇-8)
第二百十八話(まこと篇-8)
第二百十九話(まこと篇-8)
第二百二十話(まこと篇-8)
第二百二十一話(まこと篇-8)
第二百二十二話(まこと篇-8)
第二百二十三話(まこと篇-8)
第二百二十四話(まこと篇-8)
第二百二十五話(まこと篇-8)
第二百二十六話(まこと篇-8)
第二百二十七話(まこと篇-8)
第二百二十八話(まこと篇-8)
第二百二十九話(まこと篇-8)
第二百三十話(終章)
第二百三十一話(終章)
第二百三十二話(終章)
第二百三十三話(終章)
第二百三十四話(終章)
第二百三十五話(終章)
第二百三十六話(終章)
第二百三十七話(終章)
第二百三十八話(終章)
[登場人物]

来生まこと
24歳。小学校時代に母親とともにはるかの隣家へ越して来る。以後は、はるかにとって一番近い存在となったのだけれど、高校卒業を前に家を出て現在は所在不明。

片岡はるか
24歳。教職についていた両親の一人娘で、自身は現在保育士として地元の幼稚園に勤めている。母の死後、二人暮しで衰えた父親の面倒を見ながら日々を送っている。

久住哲平
湖畔の食堂の一人息子。まこととはるかの二つ上で、二人の幼馴染み。現在は自動車修理工で故郷を離れている。



浅倉卓弥
(あさくら たくや)


1966年7月13日北海道札幌生れ。東京大学文学部卒。
2002年『四日間の奇蹟』で第一回『このミステリーがすごい!』大賞金賞を受賞し翌年デビュー。『君の名残を』、『雪の夜話』、『北緯四十三度の神話』、『ライティングデスクの向こう側』、『ビザール・ラヴ・トライアングル』など、次々と話題作を発表する気鋭の若手ベストセラー作家。



[連載小説]
*毎週月~金曜日連載*



[おことわり]

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認、内容により予告なく削除致します。予めご了承ください。
最新のコメント
気軽にセックスしたい人
by セックスフレンド募集コミュ at 13:21
登録するだけ!あとはメー..
by 逆ナン at 14:27
誰だよ。今ネットでも話題..
by あやの at 17:00
リア友に知られると不味い..
by リア友 at 19:38
はじめまして、これからお..
by KiRaRa 悪質 at 17:39
こんな時だからこそ、生..
by 備えあれば憂いナシ!! at 07:28
マグロだけですよ?!ベ..
by なっ、なんぞーっ?! at 06:49
自分はワンピースが一番好..
by ワンピース at 15:07
俺みたいなオッサン相手..
by 40歳のオッサンだったけど at 22:57
どぷゅんどぷゅん中に注..
by 満タンいきますです at 15:38
3発でまだ足りないって..
by んなアホな!? at 11:09
俺、初めてフェラティー..
by すごく気持ちよかった! at 14:14
今までデリ嬢に金払って..
by お゛お゛お゛お゛お゛ at 15:38
家出少女が集う家出掲示板..
by 家出掲示板 at 12:12
うにゃぁぁぁ!!8万で..
by もうキムタマからっぽw at 08:12
モバゲーもいいけどモバゲ..
by モバゲー at 14:15
只今身体の相性合う人探し..
by セフレ at 11:02
あんなに激しい騎 乗 ..
by まだ先っぽジンジンしてるw at 11:47
セレヴと契約して、美味..
by 生活レベルアップ!!!! at 02:51
ぷにぷにのパ イ パ ..
by ピューピュー吹いてましたwww at 07:29
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧