Thanks! 10th ANNIVERSARY  特別企画
カテゴリ:第百九十一話(はるか篇-7)( 1 )

第百九十一話(はるか篇-7)

じわじわと暗さを増していくリヴィングで灯りもつけぬまま自分に何ができるのだろうと考えた。
だが探しに行くには時間が経ち過ぎているようにも思えたし、正直体調にも自信がなかった。
いつしか下腹に焦りに似た冷たいものがわだかまり背筋を苛立たしくさせた。
行き場を見つけられないその感覚が内側で暴れまわっているようだった。

ふと哲平に電話して相談してみようかと考えて、今度はそこで彼のことがまた心配になった。
ぶつけた場所が場所だっただけに大事でなければいいとも思ったけれど、なんだかそんな期待も虚しく終わりそうな予感があった。
電話をすればそのことを尋ねない訳には行かない。
そう考えただけで少し怖いような心地もした。
きっと具合が悪いせいで何もかもを悪い方に想像してしまっているのに違いない。
そう考えて自分を落ち着けようとしたけれど、これも上手くいかなかった。
なんだってこんなに一遍にいろんなことが起きちゃったんだろうと恨めしく思った。
でも誰に文句をいえばいいのかがわからなかった。

―どうしてこう、あたしっていざという時に全然役に立たないんだろう。

ソファの上で膝を抱え、はるかは湧き上がった自己嫌悪から逃れられないままでいた。
ほかにしなければならないことがあるのに。
こんなところでじっとしている訳にはいかないのに。
そう思えば思うほど体は動いてはくれなかった。
心なしかまた熱も上がっているようだった。
もう一回眠ってしまえれば楽なのにとも考えた。
けれど裏腹に、頭の中には次から次へと考えたくないことばかりが浮かんできた。

重なり合った哲平とまことを目にした瞬間、頭の中が真っ赤になった。
そして同時にまことの唇を塞いでいる相手が哲平なのか自分なのかがわからなくなった。
ひょっとするとどこか奥底では、はるかはそれが自分であればいいと思っていたのかもしれなかった。
でもやはりその姿は哲平だった。
そう認めた途端何かが弾けた。
自分が自分の肉体から追い出されてしまったようで、咽喉が勝手に言葉やほかの音を絞り出していた。

本当はまことの告白を聞いた時、ひそかに誇らしく思った。
学校でのまことは頑なに誰とも打ち解けようとはしていなかった。
だからたぶん本人はクラスの子たちがどんなふうに彼女の噂をしていたかなど、きっとちっとも知らないに違いなかった。
もちろんあの母親の件が周囲と彼女との壁の一因を担っていたことは否めなかった。
でも実際にはそれもごく最初のうちだけだったのだろう。
三年に上がり同じクラスになった頃にはもうそんなことを覚えている人間はかなり減っていたし、高校に上がってしまえばなおさらだった。
むしろその時間をかけてまことがすっかり身にまとってしまった陰みたいなものが、かえって彼女の魅力の一つとさえなっていた。

陸上を続けていたまことは足も速く、様々な場面でのクラスへの貢献度も高かった。
手足もすらりと長かったし、何よりどこか派手な顔立ちが学年のほかの誰よりも大人びていた。
実際男の子たちの多くがまことに憧れめいた気持ちを抱いていたはずだ。
哲平もそうだったし、彼のチームメイトたちも、本当はこぞって自分と一緒に応援に現れるまことに何とかして話しかけようとしていた。
ただまことが答えなかっただけだった。

端的にいえば彼女は、本人が望むと望まないとにかかわらず、同世代の目を引かずにはいられないほど美しかった。
たぶん男女を問わずだったのだと思う。
その証拠というわけではないけれど、女の子たちの間でもまことは、その付き合いの悪さにもかかわらず決して評判が悪いということはなかった。
ただ誰もが口を揃えたのは、とにかく来生さんは近寄りがたいということだった。
実際お昼を誘ってすげなく断られたと残念がっていた子もはるかは一人ではなく知っていた。

そんなまことが学校では決して見せようとはしない姿を、この自分だけが知っている。
それだけでもひそかに鼻が高かったのに、その彼女が自分を好きだといった。
愛しているという言葉までくれた。
もちろんそこに戸惑いはあった。
だけど他人から示されるあからさまな好意が嬉しくないはずはなかった。

唇を塞がれた時はとにかく驚いた。
でも本当は決してそれほど嫌ではなかった。
ただそれを認めることができない自分がいただけだった。
拒まなければいけないような気はしていたけれど、そのまま身を任せていたい誘惑もそこには確かにあった。

でもその場所に彼女の指が届いた刹那、いきなりすべてが反転した。
それは違うと思った。
いや、そんなことを思うより先にただ怖かった。
思い出しただけで何かが走り全身が勝手に強張ってしまうほどだった。
まことはいったい何をしたかったのだろう。
あたしの体をどうしたかったのだろう。

そこまで考えて、はるかはふと自分の心の片隅に何か楔のような手触りを感じた。
それは幾重にも重なった記憶の層の片隅にひっそりと埋もれてでもいるようだった。
砂地をたどっていた指先がかすかな硬さを確かめたような感触だった。
だがそれを抜いてしまうことはひどく怖かった。
もう一度まことに確かめたいと思った。
あたしはどうすればいいのか、どうすればよかったのか教えて欲しいと思った。

けれどまことはそばにいなかった。
行き先も告げずに飛び出したまま、もう半日に迫る時間が過ぎていた。
その原因を作ったのは自分だった。
いや、そうじゃない。
それだけじゃないじゃない。
そもそも哲平がまことにキスなんかするから。
まことがそんなことさせてしまうから。
二人の方がもっと悪い、あたしはそんなに悪くない―。

考えれば考えるほど、思考はいつのまにか一度通ったはずの道を再びなぞりなおしていた。
ちょうど終点も始点もない、ねじれた輪の真ん中に描かれた線をたどっているみたいだった。
その袋小路から自分を救い出してくれたのはようやく葬儀から戻ってきた両親だった。
それからの時間はただ目まぐるしく過ぎた。
着替えもせずにはるかを連れ再び車に乗り込んだ二人はまことの姿を求めて町中を探し回った。
一度だけ自分の顔を見た母が額に手を当ててもくれたのだけれど、はるかは大丈夫と首を振った。
途中には一旦哲平の家にも寄った。
もちろんはるかは肩のことを訊きたいとも思ったのだけれど、気づいた哲平にきつく目で制されてしまえば、身を縮めて黙るより仕方なかった。

けれどそんな努力も報われることはついになかった。
最後には交番を訪ねて捜索願いを出す相談をして、結局その日は終わりになった。
家に帰っても誰も口を開かなかった。
三人が三人とも心配で疲れきっていた。

それからの自分たちの日々はすっかり一変してしまった。
日常の些細なことに家族の誰もがまことの不在を思い出さなければならないような気配が、いつのまにか家中に染み付いてしまっていた。
世の中には取り返しのつかない種類のことがあるのだと初めて身にしみて思い知った。
晴れた日も確かにあったはずなのに、記憶の中ではまるで、どの日もどの日も重たい雲がのしかかっていたようにしか覚えていない。

また、哲平が社会人野球で活躍する日もとうとう訪れはしなかった。
肩にひびがはいっていたことわかったのは、あの日から優に二週間が過ぎてしまった後だった。
すでに骨が変な形に固まっていて治療は上手くいかず、結局哲平はもう速い球を投げることができなくなったのだという。
彼はあれほど好きだった野球をやめざるを得なかった。
それでも、入部を決めてくれていた企業が傘下の工場に就職を世話してくれたことは、哲平にとってはたぶん幸いだったのだろう。
春を待ち哲平は町を出て行った。

はるかは二年生になった。
両親の努力にもかかわらずまことの消息は杳として知れなかった。
まるではるかだけがこの町に取り残されたみたいだった。
気がつけば級友たちとしゃべっていても以前ほど楽しいと感じることがなくなっていた。
周囲との距離が音もなく開いていくのを漠然と感じながら、まるで自分が、そんなことできるはずなんてないのに、どうにかしてまことが占めていた位置を埋めようとでもしているように錯覚してしまうようなこともあった。

はるかの目に映る景色があざやかな彩りを取り戻すことは最早なかった。
短大の二年間を実家から通わなかったのも、本当は毎日のようにあの湖を見て過ごすことにこれ以上耐えられないと思ったせいだったのかもしれない。
湖畔には三人で過ごした日々の記憶がしみついていたし、周囲に山を抱いた光景は、当時のはるかにはまるで世界の底のようにも思われていた。
だが一人での生活を続けてみても結局は何も変わらなかった。
ただ灰色の日々がさらに積み重ねられただけだった。
気がつけば見えない糸に手繰り寄せられるようにして、自分は両親の元に、生まれ育ったこの場所に戻ってくることを決めていた。


[第百九十話(はるか篇-7)] [第百九十二話(はるか篇-7)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-09-17 11:47 | 第百九十一話(はるか篇-7) | Comments(0)

その日、止まっていたはずの彼女たちの物語が再びそっと動き始めた。
by takuyaasakura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ごあいさつ
トレーラー
第一話(イントロダクション)
第二話(イントロダクション)
第三話(イントロダクション)
第四話(イントロダクション)
第五話(はるか篇-1)
第六話(はるか篇-1)
第七話(はるか篇-1)
第八話(はるか篇-1)
第九話(はるか篇-1)
第十話(はるか篇-1)
第十一話(はるか篇-1)
第十二話(はるか篇-1)
第十三話(はるか篇-1)
第十四話(はるか篇-1)
第十五話(はるか篇-1)
第十六話(はるか篇-1)
第十七話(はるか篇-1)
第十八話(はるか篇-1)
第十九話(はるか篇-1)
第二十話(はるか篇-1)
第二十一話(まこと篇-1)
第二十二話(まこと篇-1)
浅倉卓弥より年末のご挨拶
浅倉卓弥より年始のご挨拶
第二十三話(まこと篇-1)
第二十四話(まこと篇-1)
第二十五話(まこと篇-1)
第二十六話(まこと篇-1)
第二十七話(まこと篇-1)
第二十八話(まこと篇-1)
第二十九話(まこと篇-1)
第三十話(まこと篇-1)
第三十一話(まこと篇-1)
第三十二話(はるか篇-2)
第三十三話(はるか篇-2)
第三十四話(はるか篇-2)
第三十五話(はるか篇-2)
第三十六話(はるか篇-2)
第三十七話(はるか篇-2)
第三十八話(はるか篇-2)
第三十九話(はるか篇-2)
第四十話(はるか篇-2)
第四十一話(はるか篇-2)
第四十二話(まこと篇-2)
第四十三話(まこと篇-2)
第四十四話(まこと篇-2)
第四十五話(まこと篇-2)
第四十六話(まこと篇-2)
第四十七話(まこと篇-2)
第四十八話(まこと篇-2)
第四十九話(まこと篇-2)
第五十話(まこと篇-2)
第五十一話(まこと篇-2)
第五十二話(まこと篇-2)
第五十三話(まこと篇-2)
第五十四話(まこと篇-2)
第五十五話(まこと篇-2)
第五十六話(まこと篇-2)
第五十七話(まこと篇-2)
第五十八話(はるか篇-3)
第五十九話(はるか篇-3)
第六十話(はるか篇-3)
第六十一話(はるか篇-3)
第六十二話(はるか篇-3)
第六十三話(はるか篇-3)
第六十四話(はるか篇-3)
前半のあらすじ
浅倉卓弥インタビュー[1]
浅倉卓弥インタビュー[2]
浅倉卓弥インタビュー[3]
第六十五話(はるか篇-3)
第六十六話(まこと篇-3)
第六十七話(まこと篇-3)
第六十八話(まこと篇-3)
第六十九話(まこと篇-3)
第七十話(まこと篇-3)
第七十一話(まこと篇-3)
第七十二話(まこと篇-3)
第七十三話(まこと篇-3)
第七十四話(まこと篇-3)
第七十五話(まこと篇-3)
第七十六話(まこと篇-3)
第七十七話(まこと篇-3)
第七十八話(まこと篇-3)
第七十九話(まこと篇-3)
第八十話(まこと篇-3)
第八十一話(まこと篇-3)
第八十二話(まこと篇-3)
第八十三話(まこと篇-3)
第八十四話(まこと篇-3)
第八十五話(まこと篇-3)
第八十六話(まこと篇-3)
第八十七話(はるか篇-4)
第八十八話(はるか篇-4)
第八十九話(はるか篇-4)
第九十話(はるか篇-4)
第九十一話(はるか篇-4)
第九十二話(はるか篇-4)
第九十三話(はるか篇-4)
第九十四話(はるか篇-4)
第九十五話(はるか篇-4)
第九十六話(まこと篇-4)
第九十七話(まこと篇-4)
第九十八話(まこと篇-4)
第九十九話(まこと篇-4)
第百話(まこと篇-4)
第百一話(まこと篇-4)
第百二話(まこと篇-4)
第百三話(まこと篇-4)
第百四話(まこと篇-4)
第百五話(まこと篇-4)
第百六話(まこと篇-4)
第百七話(まこと篇-4)
第百八話(まこと篇-4)
第百九話(まこと篇-4)
第百十話(まこと篇-4)
第百十一話(まこと篇-4)
第百十二話(まこと篇-4)
第百十三話(はるか篇-5)
第百十四話(はるか篇-5)
第百十五話(はるか篇-5)
第百十六話(はるか篇-5)
第百十七話(はるか篇-5)
第百十八話(はるか篇-5)
第百十九話(はるか篇-5)
第百二十話(はるか篇-5)
第百二十一話(はるか篇-5)
第百二十二話(はるか篇-5)
第百二十三話(はるか篇-5)
第百二十四話(はるか篇-5)
第百二十五話(はるか篇-5)
第百二十六話(はるか篇-5)
第百二十七話(はるか篇-5)
第百二十八話(まこと篇-5)
第百二十九話(まこと篇-5)
第百三十話(まこと篇-5)
第百三十一話(まこと篇-5)
第百三十二話(まこと篇-5)
第百三十三話(まこと篇-5)
第百三十四話(まこと篇-5)
第百三十五話(まこと篇-5)
第百三十六話(まこと篇-5)
第百三十七話(まこと篇-5)
第百三十八話(まこと篇-5)
第百三十九話(まこと篇-5)
第百四十話(まこと篇-5)
第百四十一話(まこと篇-5)
第百四十二話(まこと篇-5)
第百四十三話(まこと篇-5)
第百四十四話(まこと篇-5)
第百四十五話(まこと篇-5)
第百四十六話(まこと篇-5)
第百四十七話(まこと篇-5)
第百四十八話(まこと篇-5)
第百四十九話(はるか篇-6)
第百五十話(はるか篇-6)
浅倉卓弥より第百五十話に寄せて
第百五十一話(はるか篇-6)
第百五十二話(はるか篇-6)
第百五十三話(はるか篇-6)
第百五十四話(はるか篇-6)
第百五十五話(はるか篇-6)
第百五十六話(はるか篇-6)
第百五十七話(はるか篇-6)
第百五十八話(はるか篇-6)
第百五十九話(はるか篇-6)
第百六十話(はるか篇-6)
第百六十一話(はるか篇-6)
第百六十二話(はるか篇-6)
第百六十三話(はるか篇-6)
第百六十四話(はるか篇-6)
第百六十五話(はるか篇-6)
第百六十六話(まこと篇-6)
第百六十七話(まこと篇-6)
第百六十八話(まこと篇-6)
第百六十九話(まこと篇-6)
第百七十話(まこと篇-6)
第百七十一話(まこと篇-6)
第百七十二話(まこと篇-6)
第百七十三話(まこと篇-6)
第百七十四話(まこと篇-6)
第百七十五話(まこと篇-6)
第百七十六話(まこと篇-6)
第百七十七話(まこと篇-6)
第百七十八話(まこと篇-6)
第百七十九話(まこと篇-6)
第百八十話(まこと篇-6)
第百八十一話(まこと篇-6)
第百八十二話(まこと篇-6)
第百八十三話(まこと篇-6)
第百八十四話(まこと篇-6)
第百八十五話(まこと篇-6)
第百八十六話(まこと篇-6)
第百八十七話(はるか篇-7)
第百八十八話(はるか篇-7)
第百八十九話(はるか篇-7)
第百九十話(はるか篇-7)
第百九十一話(はるか篇-7)
第百九十二話(はるか篇-7)
第百九十三話(はるか篇-7)
第百九十四話(はるか篇-7)
第百九十五話(はるか篇-7)
第百九十六話(はるか篇-7)
第百九十七話(まこと篇-7)
第百九十八話(まこと篇-7)
第百九十九話(まこと篇-7)
第二百話(まこと篇-7)
第二百一話(まこと篇-7)
第二百二話(まこと篇-7)
第二百三話(まこと篇-7)
第二百四話(まこと篇-7)
第二百五話(まこと篇-7)
第二百六話(はるか篇-8)
第二百七話(はるか篇-8)
第二百八話(はるか篇-8)
第二百九話(はるか篇-8)
第二百十話(はるか篇-8)
第二百十一話(はるか篇-8)
第二百十二話(はるか篇-8)
第二百十三話(はるか篇-8)
第二百十四話(はるか篇-8)
第二百十五話(はるか篇-8)
第二百十六話(はるか篇-8)
第二百十七話(まこと篇-8)
第二百十八話(まこと篇-8)
第二百十九話(まこと篇-8)
第二百二十話(まこと篇-8)
第二百二十一話(まこと篇-8)
第二百二十二話(まこと篇-8)
第二百二十三話(まこと篇-8)
第二百二十四話(まこと篇-8)
第二百二十五話(まこと篇-8)
第二百二十六話(まこと篇-8)
第二百二十七話(まこと篇-8)
第二百二十八話(まこと篇-8)
第二百二十九話(まこと篇-8)
第二百三十話(終章)
第二百三十一話(終章)
第二百三十二話(終章)
第二百三十三話(終章)
第二百三十四話(終章)
第二百三十五話(終章)
第二百三十六話(終章)
第二百三十七話(終章)
第二百三十八話(終章)
[登場人物]

来生まこと
24歳。小学校時代に母親とともにはるかの隣家へ越して来る。以後は、はるかにとって一番近い存在となったのだけれど、高校卒業を前に家を出て現在は所在不明。

片岡はるか
24歳。教職についていた両親の一人娘で、自身は現在保育士として地元の幼稚園に勤めている。母の死後、二人暮しで衰えた父親の面倒を見ながら日々を送っている。

久住哲平
湖畔の食堂の一人息子。まこととはるかの二つ上で、二人の幼馴染み。現在は自動車修理工で故郷を離れている。



浅倉卓弥
(あさくら たくや)


1966年7月13日北海道札幌生れ。東京大学文学部卒。
2002年『四日間の奇蹟』で第一回『このミステリーがすごい!』大賞金賞を受賞し翌年デビュー。『君の名残を』、『雪の夜話』、『北緯四十三度の神話』、『ライティングデスクの向こう側』、『ビザール・ラヴ・トライアングル』など、次々と話題作を発表する気鋭の若手ベストセラー作家。



[連載小説]
*毎週月~金曜日連載*



[おことわり]

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認、内容により予告なく削除致します。予めご了承ください。
最新のコメント
気軽にセックスしたい人
by セックスフレンド募集コミュ at 13:21
登録するだけ!あとはメー..
by 逆ナン at 14:27
誰だよ。今ネットでも話題..
by あやの at 17:00
リア友に知られると不味い..
by リア友 at 19:38
はじめまして、これからお..
by KiRaRa 悪質 at 17:39
こんな時だからこそ、生..
by 備えあれば憂いナシ!! at 07:28
マグロだけですよ?!ベ..
by なっ、なんぞーっ?! at 06:49
自分はワンピースが一番好..
by ワンピース at 15:07
俺みたいなオッサン相手..
by 40歳のオッサンだったけど at 22:57
どぷゅんどぷゅん中に注..
by 満タンいきますです at 15:38
3発でまだ足りないって..
by んなアホな!? at 11:09
俺、初めてフェラティー..
by すごく気持ちよかった! at 14:14
今までデリ嬢に金払って..
by お゛お゛お゛お゛お゛ at 15:38
家出少女が集う家出掲示板..
by 家出掲示板 at 12:12
うにゃぁぁぁ!!8万で..
by もうキムタマからっぽw at 08:12
モバゲーもいいけどモバゲ..
by モバゲー at 14:15
只今身体の相性合う人探し..
by セフレ at 11:02
あんなに激しい騎 乗 ..
by まだ先っぽジンジンしてるw at 11:47
セレヴと契約して、美味..
by 生活レベルアップ!!!! at 02:51
ぷにぷにのパ イ パ ..
by ピューピュー吹いてましたwww at 07:29
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧