Thanks! 10th ANNIVERSARY  特別企画
カテゴリ:第二百七話(はるか篇-8)( 1 )

第二百七話(はるか篇-8)

ごめんなさい。
小さく呟いたはるかの声が届いたのか届かなかったのか、母はゆっくりと首を左右に動かした。
でもだめよ、はるか。
どんなに好きでもまことちゃんは女の子なんだから。
はるかはお嫁さんにはなれないわ。
だけどさ、まことなんて半分男の子みたいなものじゃない。
さらに唇を尖らせてはるかがいい返すと、少し間をおいて母が膝を折りこちらの目の高さに降りてきた。
それでもだめなの。
どうしてもなのよ。
ねえはるか、たとえもし哲平ちゃんじゃなくても、いつか貴女もちゃんと素敵な男の子に会えるから。
ちょうど私がお父さんと知り合えたみたいにね。
だからはるか、それまでいい子にしてお待ちなさいね。

どうしてよ? 
なおはるかが重ねると母は穏やかに目を細めた。
だってね、もしお母さんがお父さんと結婚しなかったらはるかには会えなかったのよ。
ねえはるか、貴女が私たちの娘に生まれてくれて、私がどれほど感謝しているか。
とても言葉では説明できないの。
貴女にもいつかわかる日がくると思うけど、それは本当に、とても素敵なことなんだから。

母の口調がいつになく真剣でそれ以上口答えをすることができなくなった。
はぐらかせれてしまったような気もしていたけれど、それを質すことは何故だか躊躇われた。
不服ともつかないそんな思いを持て余していると母の手がそっと髪に乗った。
でもはるか、貴女はいったいどこから来てくれたのかしらね。
お母さんにだけ教えてくれないかしら。
その時の母の目がどこを見ていたのか、はるかにはわからなかった。
自分の目の高さに降りてきてくれていた母は、けれど少しだけ上目遣いになってはるかの頭上を見つめていたようにも思われた。

そんなのはるかにはわかんないよ。
また唇を尖らせたそう応じた直後だった。
不意に母の腕が背中に回りそのままきつく抱きしめられた。
そんなことは久しぶりで、びっくりしてすぐには言葉が出なかった。
でもその感触はたまらなく暖かだった。
次の瞬間にはもう、母のいったことも自分の感じていたこともすっかりどうでもよくなっていた。
目を閉じてされるがままになりながら大人の体の確かさに体重を預けた。
眠りに似た安堵が湧いてきてたちまち背中から手足を伝わり、そのまま十本の指先のそれぞれの先端にまで広がっていくようだった。

そう思った時、目が覚めた。
―いったいどこまでが本当の記憶で、どこからが夢だったのだろう。
少しずつはっきりしてきた頭ではるかはそう考えた。
けれどそれはあまりに昔の出来事で、どうにもきちんとは思い出せそうにはなかった。
なんだかそれがとても残念で、我知らず小さな息が口からもれていた。

自ずとあの日自分たちがはめていた手袋のことが思い出されていた。
確か赤に黄色の花だか鳥だかのアップリケがついていたはずだ。
そういえばあの年以来、あの手袋は見ていなかったような気もする。
どうしてだろう。
結局あたしは二ついっぺんにどこかでなくしてしまったのだろうか。
そんな思考がやがて少しだけぶれて、よみがえったまま心のどこかに消えずにいたまことの横顔に重なった。

ひょっとするとあの娘と繋がれていたかったのは、最初にそう思ったのは本当は自分の方だったのではないだろうか。
不意にそんな気がしていた。
そしてあの夜母に諭されてからもその気持ちはすっかり消えてはしまわずにどこかに残っていたのに違いない。
いつのまにそうも考えていた。

やがて時が経ち自分たちは一つ屋根の下で暮らすようになった。
その短くはない時間にそんな自分の秘めた望みが知らぬ間に相手の中に、ちょうど水に淀んでいくひそかな澱のように静かにでも確実に降り積もり、そしてついにまことをあんな行動に駆り立ててしまったのではないだろうか。
いつのまにそんな想像が脳裏を回りだしていた。
一方ではそれは確かにまことの思いでありまことの行動であり、そこに自分の入り込む余地などある訳がないと十分にわかりながらも、その仮定を即座に否定しまうことができなかった。
そうしてしまうことが致命的な間違いであるように思えて仕方がなかった。

だがそんなことに思いを馳せていられたのもほんのつかの間だった。
睡魔がきっぱりと去ってしまうと、倒れていた父を見つけてからの一連が一気に甦りたちまち気分が沈んでいった。
今考えなければならないことはほかにある。
それも一つじゃない。
そう自分にいい聞かせてはるかはそっと唇を噛んだ。

それでもほんの少しだけ、朝方に洗面所でうずくまってしまっていた時よりは気持ちが楽になっていた。
それどころか、あの場面からまだまる一日も経ってはいないはずだというのに、なんだかそれさえも夢の中の自分たちと同じくらいに昔のことに思われていた。
何がどう変わった訳でもないのに。
それどころかむしろ、今度は仕事までなくしてしまいそうになっちゃって、どう考えても事態はより悪くなっているというのに。
そんなことを思いなおして少しだけ自分がおかしくなった。
笑おうとして、けれど頬が上手く動かなかった。
こんなことばかりしてたらきっと笑い方も忘れちゃうわね。
そう考えてまたため息を吐き出した。

まいったな。
頭の中でそれだけは言葉になったのだけれど、何がどうなのかを考えることさえ煩わしかった。
ふと気づくといつのまに手がおへその辺りに降りていた。
―あなたはどこから来たのかしらね。
我知らず胸のうちでそう呟いていた。

だがその途端だった。
どこから不思議な気持ちが緩やかに湧いてきた。
体の内側がかすかに温かくなったような錯覚が満ち、その場所にすでに自分のものではない確かな熱があるように感じられた。
そこにいる存在が、自分に話しかけられたというただそれだけのことを力一杯喜んでくれているような気がしていた。

そうよね。
もし本当にこのすべてがあたしのせいだったとしても、あなたには全然関係ないものね。
だからもう決して、罪だなんていうべきじゃないわね。
朝方の気持ちを思い出してはるかは、まだどんな形をしているのかもわからない相手に向けて語りかけえるようにそう考えた。

首を振りその場に立ち上がり、それから一回だけ髪をかきあげてきちんと顔を作りなおすと、はるかはまた仏壇に向きなおった。
ごめんね、母さん。
今のあたしには、母さんの前で胸を張って話せそうなことが一つもないや。
思っただけのつもりだったけれど、あるいは声に出していたかも知れなかった。

―だったら作ればいいじゃない。それしかできることはないんだから。

胸のうちの誰かがそっとそう返事をくれた。
その通りだね。
はるかはその名も知らぬ誰かに向けてそっと頷いて答えた。


[第二百六話(はるか篇-8)] [第二百八話(はるか篇-8)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-10-14 11:21 | 第二百七話(はるか篇-8) | Comments(0)

その日、止まっていたはずの彼女たちの物語が再びそっと動き始めた。
by takuyaasakura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ごあいさつ
トレーラー
第一話(イントロダクション)
第二話(イントロダクション)
第三話(イントロダクション)
第四話(イントロダクション)
第五話(はるか篇-1)
第六話(はるか篇-1)
第七話(はるか篇-1)
第八話(はるか篇-1)
第九話(はるか篇-1)
第十話(はるか篇-1)
第十一話(はるか篇-1)
第十二話(はるか篇-1)
第十三話(はるか篇-1)
第十四話(はるか篇-1)
第十五話(はるか篇-1)
第十六話(はるか篇-1)
第十七話(はるか篇-1)
第十八話(はるか篇-1)
第十九話(はるか篇-1)
第二十話(はるか篇-1)
第二十一話(まこと篇-1)
第二十二話(まこと篇-1)
浅倉卓弥より年末のご挨拶
浅倉卓弥より年始のご挨拶
第二十三話(まこと篇-1)
第二十四話(まこと篇-1)
第二十五話(まこと篇-1)
第二十六話(まこと篇-1)
第二十七話(まこと篇-1)
第二十八話(まこと篇-1)
第二十九話(まこと篇-1)
第三十話(まこと篇-1)
第三十一話(まこと篇-1)
第三十二話(はるか篇-2)
第三十三話(はるか篇-2)
第三十四話(はるか篇-2)
第三十五話(はるか篇-2)
第三十六話(はるか篇-2)
第三十七話(はるか篇-2)
第三十八話(はるか篇-2)
第三十九話(はるか篇-2)
第四十話(はるか篇-2)
第四十一話(はるか篇-2)
第四十二話(まこと篇-2)
第四十三話(まこと篇-2)
第四十四話(まこと篇-2)
第四十五話(まこと篇-2)
第四十六話(まこと篇-2)
第四十七話(まこと篇-2)
第四十八話(まこと篇-2)
第四十九話(まこと篇-2)
第五十話(まこと篇-2)
第五十一話(まこと篇-2)
第五十二話(まこと篇-2)
第五十三話(まこと篇-2)
第五十四話(まこと篇-2)
第五十五話(まこと篇-2)
第五十六話(まこと篇-2)
第五十七話(まこと篇-2)
第五十八話(はるか篇-3)
第五十九話(はるか篇-3)
第六十話(はるか篇-3)
第六十一話(はるか篇-3)
第六十二話(はるか篇-3)
第六十三話(はるか篇-3)
第六十四話(はるか篇-3)
前半のあらすじ
浅倉卓弥インタビュー[1]
浅倉卓弥インタビュー[2]
浅倉卓弥インタビュー[3]
第六十五話(はるか篇-3)
第六十六話(まこと篇-3)
第六十七話(まこと篇-3)
第六十八話(まこと篇-3)
第六十九話(まこと篇-3)
第七十話(まこと篇-3)
第七十一話(まこと篇-3)
第七十二話(まこと篇-3)
第七十三話(まこと篇-3)
第七十四話(まこと篇-3)
第七十五話(まこと篇-3)
第七十六話(まこと篇-3)
第七十七話(まこと篇-3)
第七十八話(まこと篇-3)
第七十九話(まこと篇-3)
第八十話(まこと篇-3)
第八十一話(まこと篇-3)
第八十二話(まこと篇-3)
第八十三話(まこと篇-3)
第八十四話(まこと篇-3)
第八十五話(まこと篇-3)
第八十六話(まこと篇-3)
第八十七話(はるか篇-4)
第八十八話(はるか篇-4)
第八十九話(はるか篇-4)
第九十話(はるか篇-4)
第九十一話(はるか篇-4)
第九十二話(はるか篇-4)
第九十三話(はるか篇-4)
第九十四話(はるか篇-4)
第九十五話(はるか篇-4)
第九十六話(まこと篇-4)
第九十七話(まこと篇-4)
第九十八話(まこと篇-4)
第九十九話(まこと篇-4)
第百話(まこと篇-4)
第百一話(まこと篇-4)
第百二話(まこと篇-4)
第百三話(まこと篇-4)
第百四話(まこと篇-4)
第百五話(まこと篇-4)
第百六話(まこと篇-4)
第百七話(まこと篇-4)
第百八話(まこと篇-4)
第百九話(まこと篇-4)
第百十話(まこと篇-4)
第百十一話(まこと篇-4)
第百十二話(まこと篇-4)
第百十三話(はるか篇-5)
第百十四話(はるか篇-5)
第百十五話(はるか篇-5)
第百十六話(はるか篇-5)
第百十七話(はるか篇-5)
第百十八話(はるか篇-5)
第百十九話(はるか篇-5)
第百二十話(はるか篇-5)
第百二十一話(はるか篇-5)
第百二十二話(はるか篇-5)
第百二十三話(はるか篇-5)
第百二十四話(はるか篇-5)
第百二十五話(はるか篇-5)
第百二十六話(はるか篇-5)
第百二十七話(はるか篇-5)
第百二十八話(まこと篇-5)
第百二十九話(まこと篇-5)
第百三十話(まこと篇-5)
第百三十一話(まこと篇-5)
第百三十二話(まこと篇-5)
第百三十三話(まこと篇-5)
第百三十四話(まこと篇-5)
第百三十五話(まこと篇-5)
第百三十六話(まこと篇-5)
第百三十七話(まこと篇-5)
第百三十八話(まこと篇-5)
第百三十九話(まこと篇-5)
第百四十話(まこと篇-5)
第百四十一話(まこと篇-5)
第百四十二話(まこと篇-5)
第百四十三話(まこと篇-5)
第百四十四話(まこと篇-5)
第百四十五話(まこと篇-5)
第百四十六話(まこと篇-5)
第百四十七話(まこと篇-5)
第百四十八話(まこと篇-5)
第百四十九話(はるか篇-6)
第百五十話(はるか篇-6)
浅倉卓弥より第百五十話に寄せて
第百五十一話(はるか篇-6)
第百五十二話(はるか篇-6)
第百五十三話(はるか篇-6)
第百五十四話(はるか篇-6)
第百五十五話(はるか篇-6)
第百五十六話(はるか篇-6)
第百五十七話(はるか篇-6)
第百五十八話(はるか篇-6)
第百五十九話(はるか篇-6)
第百六十話(はるか篇-6)
第百六十一話(はるか篇-6)
第百六十二話(はるか篇-6)
第百六十三話(はるか篇-6)
第百六十四話(はるか篇-6)
第百六十五話(はるか篇-6)
第百六十六話(まこと篇-6)
第百六十七話(まこと篇-6)
第百六十八話(まこと篇-6)
第百六十九話(まこと篇-6)
第百七十話(まこと篇-6)
第百七十一話(まこと篇-6)
第百七十二話(まこと篇-6)
第百七十三話(まこと篇-6)
第百七十四話(まこと篇-6)
第百七十五話(まこと篇-6)
第百七十六話(まこと篇-6)
第百七十七話(まこと篇-6)
第百七十八話(まこと篇-6)
第百七十九話(まこと篇-6)
第百八十話(まこと篇-6)
第百八十一話(まこと篇-6)
第百八十二話(まこと篇-6)
第百八十三話(まこと篇-6)
第百八十四話(まこと篇-6)
第百八十五話(まこと篇-6)
第百八十六話(まこと篇-6)
第百八十七話(はるか篇-7)
第百八十八話(はるか篇-7)
第百八十九話(はるか篇-7)
第百九十話(はるか篇-7)
第百九十一話(はるか篇-7)
第百九十二話(はるか篇-7)
第百九十三話(はるか篇-7)
第百九十四話(はるか篇-7)
第百九十五話(はるか篇-7)
第百九十六話(はるか篇-7)
第百九十七話(まこと篇-7)
第百九十八話(まこと篇-7)
第百九十九話(まこと篇-7)
第二百話(まこと篇-7)
第二百一話(まこと篇-7)
第二百二話(まこと篇-7)
第二百三話(まこと篇-7)
第二百四話(まこと篇-7)
第二百五話(まこと篇-7)
第二百六話(はるか篇-8)
第二百七話(はるか篇-8)
第二百八話(はるか篇-8)
第二百九話(はるか篇-8)
第二百十話(はるか篇-8)
第二百十一話(はるか篇-8)
第二百十二話(はるか篇-8)
第二百十三話(はるか篇-8)
第二百十四話(はるか篇-8)
第二百十五話(はるか篇-8)
第二百十六話(はるか篇-8)
第二百十七話(まこと篇-8)
第二百十八話(まこと篇-8)
第二百十九話(まこと篇-8)
第二百二十話(まこと篇-8)
第二百二十一話(まこと篇-8)
第二百二十二話(まこと篇-8)
第二百二十三話(まこと篇-8)
第二百二十四話(まこと篇-8)
第二百二十五話(まこと篇-8)
第二百二十六話(まこと篇-8)
第二百二十七話(まこと篇-8)
第二百二十八話(まこと篇-8)
第二百二十九話(まこと篇-8)
第二百三十話(終章)
第二百三十一話(終章)
第二百三十二話(終章)
第二百三十三話(終章)
第二百三十四話(終章)
第二百三十五話(終章)
第二百三十六話(終章)
第二百三十七話(終章)
第二百三十八話(終章)
[登場人物]

来生まこと
24歳。小学校時代に母親とともにはるかの隣家へ越して来る。以後は、はるかにとって一番近い存在となったのだけれど、高校卒業を前に家を出て現在は所在不明。

片岡はるか
24歳。教職についていた両親の一人娘で、自身は現在保育士として地元の幼稚園に勤めている。母の死後、二人暮しで衰えた父親の面倒を見ながら日々を送っている。

久住哲平
湖畔の食堂の一人息子。まこととはるかの二つ上で、二人の幼馴染み。現在は自動車修理工で故郷を離れている。



浅倉卓弥
(あさくら たくや)


1966年7月13日北海道札幌生れ。東京大学文学部卒。
2002年『四日間の奇蹟』で第一回『このミステリーがすごい!』大賞金賞を受賞し翌年デビュー。『君の名残を』、『雪の夜話』、『北緯四十三度の神話』、『ライティングデスクの向こう側』、『ビザール・ラヴ・トライアングル』など、次々と話題作を発表する気鋭の若手ベストセラー作家。



[連載小説]
*毎週月~金曜日連載*



[おことわり]

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認、内容により予告なく削除致します。予めご了承ください。
最新のコメント
気軽にセックスしたい人
by セックスフレンド募集コミュ at 13:21
登録するだけ!あとはメー..
by 逆ナン at 14:27
誰だよ。今ネットでも話題..
by あやの at 17:00
リア友に知られると不味い..
by リア友 at 19:38
はじめまして、これからお..
by KiRaRa 悪質 at 17:39
こんな時だからこそ、生..
by 備えあれば憂いナシ!! at 07:28
マグロだけですよ?!ベ..
by なっ、なんぞーっ?! at 06:49
自分はワンピースが一番好..
by ワンピース at 15:07
俺みたいなオッサン相手..
by 40歳のオッサンだったけど at 22:57
どぷゅんどぷゅん中に注..
by 満タンいきますです at 15:38
3発でまだ足りないって..
by んなアホな!? at 11:09
俺、初めてフェラティー..
by すごく気持ちよかった! at 14:14
今までデリ嬢に金払って..
by お゛お゛お゛お゛お゛ at 15:38
家出少女が集う家出掲示板..
by 家出掲示板 at 12:12
うにゃぁぁぁ!!8万で..
by もうキムタマからっぽw at 08:12
モバゲーもいいけどモバゲ..
by モバゲー at 14:15
只今身体の相性合う人探し..
by セフレ at 11:02
あんなに激しい騎 乗 ..
by まだ先っぽジンジンしてるw at 11:47
セレヴと契約して、美味..
by 生活レベルアップ!!!! at 02:51
ぷにぷにのパ イ パ ..
by ピューピュー吹いてましたwww at 07:29
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧