Thanks! 10th ANNIVERSARY  特別企画
カテゴリ:第二百二十三話(まこと篇-8)( 1 )

第二百二十三話(まこと篇-8)

出口までのちょうど真ん中辺りまで来たところだった。
ふと隣を歩いていた眼鏡の彼女が口を開いた。

「彼女への面会人は初めてだということでしたから、しかも実の娘さんということだったので、正直なところを申し上げますと、私は少々期待していました」

相手はそこで立ち止まったのだけれど、顔は前に向けたままだった。

「すいません」

まことも足を止め、その場で向きなおって相手に小さく頭を下げた。
唇を結んだままの彼女がゆっくりとこちらを向いた。
制服と同じ灰色の壁を背景に、眼鏡を縁取る黒だけが妙にくっきりと浮いて見えていた。

「そうですね。そういっていただくべきなのかもしれません」

かすかに顎を持ち上げるような仕草を挟んで相手が続けた。

「でも私には貴女たちの個人的なことは何もわかりませんから、その謝罪を受け取る資格があるのかどうかはちょっと疑問です。
ただ、決して貴女を責めたくて今の言葉を口にした訳ではありません。
そこはわかっていただけると嬉しいです」

はい、とまことが頷くと、相手は少しだけ眉を寄せた。

「それに、私が少し、千二百三十七番に好き勝手にしゃべらせ過ぎたのがいけなかったのかもしれませんから」

まことは首を横に振り、もう一度、ご迷惑をおかけしましたとお辞儀した。
相手は鼻から息を吐き少しだけ表情を緩めると、余計なことかもしれませんが、と前置きしてから切り出した。

「私はまだこの仕事についてさほどの時間が経っている訳ではありません。
そもそもが、女ながらに多少腕っ節に自信があったのと、実家から通えればいいなという程度の志望動機でしたから、使命感のようなものも決して最初から持っていた訳ではありません。
でも、そんな私でも、ここにいるとなんとなくわかってくることがあります」

言葉を切った彼女にまことは相槌を打って続きを促した。

「上手くいえるかどうかは自信がありません。
けれどこの頃こんなふうに思うんです。
自らが許されたいと望んでいない人間が本当に許されることはないのではないか。
他人がそれを代わりにしてあげることは決してできないのではないだろうか、と」

彼女のいう意味が上手くつかめたかどうかはよくわからなかったけれど、でも何かが届いた気がしてまことはもう一度頷いて応じた。
彼女がまた短く唇を結んでから続けた。

「どうにかして彼女たちの心を、そういうふうに向けてあげたいとは常々考えているのですけれど、こればかりはどうにも、思ったようにはいかないんです」

そこで彼女は重いため息を一つ吐き出すと、静かに首を左右に振った。

「おそらく千二百三十七番は―貴女のお母さんは、九分九厘刑期が終わるまでここを出ることはできないでしょう。
もし彼女に課せられた刑罰がたとえばほかの人の罪に起因することだったのだとしても、それは残念ながらここでは何の関係もありません。
ただ、犯してもいない罪を反省しろということは、普通の人間にも酷な要求なのかもしれないなとはほんの少しだけ思いましたけれど、やはり私には何もできません。

彼女の持つ空気は、同じ罪状で何度もここに出入りする懲役たちのそれと大変よく似ています。
もっとも、その多くは万引きや薬物ですけどね。
彼女たちには罪の意識がほとんどないんです。
でもなんとなく、今日の一件でその理由がわかった気もしました」

まことが言葉を返せずにいると、相手も一瞬目を伏せた。

「それでもやはり彼女は罪人なのでしょうね。
同時にそう思ったこともまた事実です」

いいながら彼女が前に向きなおりまた静かに歩き始めた。
まことも歩調を合わせてついていくより仕方がなかった。
歩きながら彼女が再び言葉を継いだ。

「おそらく刑期が終わって出所しても、千二百三十七番はきっとまた何かをやらかして、それもこの塀の中の方が居心地がいいという程度の理由で平気で他人に迷惑をかけ、そうやってまたここに戻ってくるのだろうな、と実は私たちはひそかに噂しています」

玄関につき、どうぞ、と促され、館内でずっと履いていたスリッパを、下足入れにしまっておいた運動靴へと取り替えた。
ガラスの自動ドアの向こうには来た時と同じ晴天の空が広がっていた。
眼鏡の彼女もまた、置いてあったサンダルに足を入れ一緒にたたきに降りてきた。

まことが動くと自動ドアが静かに開いた。
まるで機械さえこの場所では息をひそめてでもいるようだった。
そうしなければならないとわかってでもいるかのようだった。

今日はお疲れ様でした、と刑務官の彼女が頭を下げた。
こちらこそご迷惑をおかけしました、とまことも再びお辞儀を返した。
けれどまことが表に向こうとした時だった。
ただ、と彼女の声がした。
振り向くと相手と目が合った。
一瞬だけ躊躇のような表情を見せてから、彼女がその先を続けた。

「ただもし、千二百三十七番が貴女に許されたいと自分でそう思えた時には、本当にそれができるようになった時には、どうか手を貸してあげていただけると嬉しいです」

そういって唇を結んだ彼女は、それから深々とまことに頭を下げた。

「そんな、お願いですから頭を上げてください」

何が彼女にそんなことをさせるのか、まことにはまるでわからなかった。
実の娘の自分でさえあの母のために誰かに頭を下げようと考えたことなど一度もないのにと思い当たればなおさらだった。

顔を上げた相手と再び真正面から対峙した。
彼女の今の行動の理由をそこに読み取ろうともしてみたけれど、まことにはやはり叶わなかった。刑務所の玄関は静かだった。

「でも、あたしにはそんなこと、申し訳ないけど、約束なんてできません」

首を振りながらそうゆっくりと口にした。
そうですか。
相手が低く呟いた。
残念です。
そう一言結んで相手が軽く目を閉じた。

「どうか母を、これからもよろしくお願いします」

もう一度だけ頭を下げ、それからそのまま相手の目を見ないようにして背を向けた。
それが今の自分にできる精一杯だった。


[第二百二十二話(まこと篇-8)] [第二百二十四話(まこと篇-8)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-11-06 10:23 | 第二百二十三話(まこと篇-8) | Comments(0)

その日、止まっていたはずの彼女たちの物語が再びそっと動き始めた。
by takuyaasakura
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ごあいさつ
トレーラー
第一話(イントロダクション)
第二話(イントロダクション)
第三話(イントロダクション)
第四話(イントロダクション)
第五話(はるか篇-1)
第六話(はるか篇-1)
第七話(はるか篇-1)
第八話(はるか篇-1)
第九話(はるか篇-1)
第十話(はるか篇-1)
第十一話(はるか篇-1)
第十二話(はるか篇-1)
第十三話(はるか篇-1)
第十四話(はるか篇-1)
第十五話(はるか篇-1)
第十六話(はるか篇-1)
第十七話(はるか篇-1)
第十八話(はるか篇-1)
第十九話(はるか篇-1)
第二十話(はるか篇-1)
第二十一話(まこと篇-1)
第二十二話(まこと篇-1)
浅倉卓弥より年末のご挨拶
浅倉卓弥より年始のご挨拶
第二十三話(まこと篇-1)
第二十四話(まこと篇-1)
第二十五話(まこと篇-1)
第二十六話(まこと篇-1)
第二十七話(まこと篇-1)
第二十八話(まこと篇-1)
第二十九話(まこと篇-1)
第三十話(まこと篇-1)
第三十一話(まこと篇-1)
第三十二話(はるか篇-2)
第三十三話(はるか篇-2)
第三十四話(はるか篇-2)
第三十五話(はるか篇-2)
第三十六話(はるか篇-2)
第三十七話(はるか篇-2)
第三十八話(はるか篇-2)
第三十九話(はるか篇-2)
第四十話(はるか篇-2)
第四十一話(はるか篇-2)
第四十二話(まこと篇-2)
第四十三話(まこと篇-2)
第四十四話(まこと篇-2)
第四十五話(まこと篇-2)
第四十六話(まこと篇-2)
第四十七話(まこと篇-2)
第四十八話(まこと篇-2)
第四十九話(まこと篇-2)
第五十話(まこと篇-2)
第五十一話(まこと篇-2)
第五十二話(まこと篇-2)
第五十三話(まこと篇-2)
第五十四話(まこと篇-2)
第五十五話(まこと篇-2)
第五十六話(まこと篇-2)
第五十七話(まこと篇-2)
第五十八話(はるか篇-3)
第五十九話(はるか篇-3)
第六十話(はるか篇-3)
第六十一話(はるか篇-3)
第六十二話(はるか篇-3)
第六十三話(はるか篇-3)
第六十四話(はるか篇-3)
前半のあらすじ
浅倉卓弥インタビュー[1]
浅倉卓弥インタビュー[2]
浅倉卓弥インタビュー[3]
第六十五話(はるか篇-3)
第六十六話(まこと篇-3)
第六十七話(まこと篇-3)
第六十八話(まこと篇-3)
第六十九話(まこと篇-3)
第七十話(まこと篇-3)
第七十一話(まこと篇-3)
第七十二話(まこと篇-3)
第七十三話(まこと篇-3)
第七十四話(まこと篇-3)
第七十五話(まこと篇-3)
第七十六話(まこと篇-3)
第七十七話(まこと篇-3)
第七十八話(まこと篇-3)
第七十九話(まこと篇-3)
第八十話(まこと篇-3)
第八十一話(まこと篇-3)
第八十二話(まこと篇-3)
第八十三話(まこと篇-3)
第八十四話(まこと篇-3)
第八十五話(まこと篇-3)
第八十六話(まこと篇-3)
第八十七話(はるか篇-4)
第八十八話(はるか篇-4)
第八十九話(はるか篇-4)
第九十話(はるか篇-4)
第九十一話(はるか篇-4)
第九十二話(はるか篇-4)
第九十三話(はるか篇-4)
第九十四話(はるか篇-4)
第九十五話(はるか篇-4)
第九十六話(まこと篇-4)
第九十七話(まこと篇-4)
第九十八話(まこと篇-4)
第九十九話(まこと篇-4)
第百話(まこと篇-4)
第百一話(まこと篇-4)
第百二話(まこと篇-4)
第百三話(まこと篇-4)
第百四話(まこと篇-4)
第百五話(まこと篇-4)
第百六話(まこと篇-4)
第百七話(まこと篇-4)
第百八話(まこと篇-4)
第百九話(まこと篇-4)
第百十話(まこと篇-4)
第百十一話(まこと篇-4)
第百十二話(まこと篇-4)
第百十三話(はるか篇-5)
第百十四話(はるか篇-5)
第百十五話(はるか篇-5)
第百十六話(はるか篇-5)
第百十七話(はるか篇-5)
第百十八話(はるか篇-5)
第百十九話(はるか篇-5)
第百二十話(はるか篇-5)
第百二十一話(はるか篇-5)
第百二十二話(はるか篇-5)
第百二十三話(はるか篇-5)
第百二十四話(はるか篇-5)
第百二十五話(はるか篇-5)
第百二十六話(はるか篇-5)
第百二十七話(はるか篇-5)
第百二十八話(まこと篇-5)
第百二十九話(まこと篇-5)
第百三十話(まこと篇-5)
第百三十一話(まこと篇-5)
第百三十二話(まこと篇-5)
第百三十三話(まこと篇-5)
第百三十四話(まこと篇-5)
第百三十五話(まこと篇-5)
第百三十六話(まこと篇-5)
第百三十七話(まこと篇-5)
第百三十八話(まこと篇-5)
第百三十九話(まこと篇-5)
第百四十話(まこと篇-5)
第百四十一話(まこと篇-5)
第百四十二話(まこと篇-5)
第百四十三話(まこと篇-5)
第百四十四話(まこと篇-5)
第百四十五話(まこと篇-5)
第百四十六話(まこと篇-5)
第百四十七話(まこと篇-5)
第百四十八話(まこと篇-5)
第百四十九話(はるか篇-6)
第百五十話(はるか篇-6)
浅倉卓弥より第百五十話に寄せて
第百五十一話(はるか篇-6)
第百五十二話(はるか篇-6)
第百五十三話(はるか篇-6)
第百五十四話(はるか篇-6)
第百五十五話(はるか篇-6)
第百五十六話(はるか篇-6)
第百五十七話(はるか篇-6)
第百五十八話(はるか篇-6)
第百五十九話(はるか篇-6)
第百六十話(はるか篇-6)
第百六十一話(はるか篇-6)
第百六十二話(はるか篇-6)
第百六十三話(はるか篇-6)
第百六十四話(はるか篇-6)
第百六十五話(はるか篇-6)
第百六十六話(まこと篇-6)
第百六十七話(まこと篇-6)
第百六十八話(まこと篇-6)
第百六十九話(まこと篇-6)
第百七十話(まこと篇-6)
第百七十一話(まこと篇-6)
第百七十二話(まこと篇-6)
第百七十三話(まこと篇-6)
第百七十四話(まこと篇-6)
第百七十五話(まこと篇-6)
第百七十六話(まこと篇-6)
第百七十七話(まこと篇-6)
第百七十八話(まこと篇-6)
第百七十九話(まこと篇-6)
第百八十話(まこと篇-6)
第百八十一話(まこと篇-6)
第百八十二話(まこと篇-6)
第百八十三話(まこと篇-6)
第百八十四話(まこと篇-6)
第百八十五話(まこと篇-6)
第百八十六話(まこと篇-6)
第百八十七話(はるか篇-7)
第百八十八話(はるか篇-7)
第百八十九話(はるか篇-7)
第百九十話(はるか篇-7)
第百九十一話(はるか篇-7)
第百九十二話(はるか篇-7)
第百九十三話(はるか篇-7)
第百九十四話(はるか篇-7)
第百九十五話(はるか篇-7)
第百九十六話(はるか篇-7)
第百九十七話(まこと篇-7)
第百九十八話(まこと篇-7)
第百九十九話(まこと篇-7)
第二百話(まこと篇-7)
第二百一話(まこと篇-7)
第二百二話(まこと篇-7)
第二百三話(まこと篇-7)
第二百四話(まこと篇-7)
第二百五話(まこと篇-7)
第二百六話(はるか篇-8)
第二百七話(はるか篇-8)
第二百八話(はるか篇-8)
第二百九話(はるか篇-8)
第二百十話(はるか篇-8)
第二百十一話(はるか篇-8)
第二百十二話(はるか篇-8)
第二百十三話(はるか篇-8)
第二百十四話(はるか篇-8)
第二百十五話(はるか篇-8)
第二百十六話(はるか篇-8)
第二百十七話(まこと篇-8)
第二百十八話(まこと篇-8)
第二百十九話(まこと篇-8)
第二百二十話(まこと篇-8)
第二百二十一話(まこと篇-8)
第二百二十二話(まこと篇-8)
第二百二十三話(まこと篇-8)
第二百二十四話(まこと篇-8)
第二百二十五話(まこと篇-8)
第二百二十六話(まこと篇-8)
第二百二十七話(まこと篇-8)
第二百二十八話(まこと篇-8)
第二百二十九話(まこと篇-8)
第二百三十話(終章)
第二百三十一話(終章)
第二百三十二話(終章)
第二百三十三話(終章)
第二百三十四話(終章)
第二百三十五話(終章)
第二百三十六話(終章)
第二百三十七話(終章)
第二百三十八話(終章)
[登場人物]

来生まこと
24歳。小学校時代に母親とともにはるかの隣家へ越して来る。以後は、はるかにとって一番近い存在となったのだけれど、高校卒業を前に家を出て現在は所在不明。

片岡はるか
24歳。教職についていた両親の一人娘で、自身は現在保育士として地元の幼稚園に勤めている。母の死後、二人暮しで衰えた父親の面倒を見ながら日々を送っている。

久住哲平
湖畔の食堂の一人息子。まこととはるかの二つ上で、二人の幼馴染み。現在は自動車修理工で故郷を離れている。



浅倉卓弥
(あさくら たくや)


1966年7月13日北海道札幌生れ。東京大学文学部卒。
2002年『四日間の奇蹟』で第一回『このミステリーがすごい!』大賞金賞を受賞し翌年デビュー。『君の名残を』、『雪の夜話』、『北緯四十三度の神話』、『ライティングデスクの向こう側』、『ビザール・ラヴ・トライアングル』など、次々と話題作を発表する気鋭の若手ベストセラー作家。



[連載小説]
*毎週月~金曜日連載*



[おことわり]

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認、内容により予告なく削除致します。予めご了承ください。
最新のコメント
気軽にセックスしたい人
by セックスフレンド募集コミュ at 13:21
登録するだけ!あとはメー..
by 逆ナン at 14:27
誰だよ。今ネットでも話題..
by あやの at 17:00
リア友に知られると不味い..
by リア友 at 19:38
はじめまして、これからお..
by KiRaRa 悪質 at 17:39
こんな時だからこそ、生..
by 備えあれば憂いナシ!! at 07:28
マグロだけですよ?!ベ..
by なっ、なんぞーっ?! at 06:49
自分はワンピースが一番好..
by ワンピース at 15:07
俺みたいなオッサン相手..
by 40歳のオッサンだったけど at 22:57
どぷゅんどぷゅん中に注..
by 満タンいきますです at 15:38
3発でまだ足りないって..
by んなアホな!? at 11:09
俺、初めてフェラティー..
by すごく気持ちよかった! at 14:14
今までデリ嬢に金払って..
by お゛お゛お゛お゛お゛ at 15:38
家出少女が集う家出掲示板..
by 家出掲示板 at 12:12
うにゃぁぁぁ!!8万で..
by もうキムタマからっぽw at 08:12
モバゲーもいいけどモバゲ..
by モバゲー at 14:15
只今身体の相性合う人探し..
by セフレ at 11:02
あんなに激しい騎 乗 ..
by まだ先っぽジンジンしてるw at 11:47
セレヴと契約して、美味..
by 生活レベルアップ!!!! at 02:51
ぷにぷにのパ イ パ ..
by ピューピュー吹いてましたwww at 07:29
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧