Thanks! 10th ANNIVERSARY  特別企画
カテゴリ:第二十一話(まこと篇-1)( 1 )

第二十一話(まこと篇-1)

暗がりがひどく怖かった。四方に壁があればなおさらだった。
その場所に閉じこもらなければならない時は必ず一人きりだったからだ。

自分をそこに閉じ込めるのはいつだって母だった。

母は若い頃から住所を転々としていたらしい。
それは彼女の持って生まれた癖みたいなもので、まことの出産をはさんだ数年間だけでも二度や三度の引越しでは済まなかったのだといつだか誰かに聞いたことがある。たぶん母本人だ。

けれどまことが覚えているかぎりどの部屋にも大した違いはなかった。

四畳半かせいぜい六畳一間きりの狭い一室の真ん中に、脚の低いテーブルが王様然として鎮座していた。
そのほかの家具はといえば、画面の小さな映りの悪いテレビが一台、それから壁際には小さな鏡台とカラーボックスが並んで据えられていて、奥の一画はビニールの組み立て式のドレスケースに占められていた。

その程度でほぼ全部だった。

それなのに部屋はいつだって雑然としていた。
収まり切らない化粧品や出しっぱなしの服があちこちに散らばっていたからだ。まことが身を置ける場所は結局そのテーブルの周りにしか見つけられなかった。

食卓を兼ねた低いテーブルは組み上げた脚つきの台座の上に天板を乗せる仕様になっている、冬にはコタツとして使えるタイプのものだった。
天板は表がくすんだ赤で裏側は緑色の布に覆われていた。

まことはそのかすかに毛羽立つような手触りが決して嫌いではなかったのだけれど、日頃は裏面が使われることはほとんどなかった。

ご飯を食べる時には必ずその赤いテーブルのテレビが右に見える位置に座らせられた。

まことの場所からは真正面に台所が見えた。

どの部屋でも同じだった。

右端にレンジ台があり左側がシンクという配置さえ変わらなかった。

真ん中辺りに決まってハエ取り紙がぶら下げられていて、黒い斑点を浮かべた海蛇みたいな体を苦しげに宙によじっていた。

シンクにはいつも何かしらが積み上げられて油の染みが至るところに飛んでいた。

寝る時にはテーブルを窓際に立てかけてから散らばったものをどうにかまとめて場所を作り布団を敷いた。

狭い部屋はそれだけで一杯になってしまった。

もちろん布団は日頃は押し入れにしまわれていた。

押し入れはまことの席の後ろ、つまり台所の真向かいだった。
そんな位置関係も、たとえどんな部屋を移ってもほとんど変わることはなかった。

初めてその暗がりで目覚めた時の記憶がまこと自身にある訳ではない。
そんなことがあるはずもない。

まだ物心などというものさえ十分につかないうちから自分は度々そこに放りおかれていたのだろうと思う。
眠ってしまった自分は、母親にはきっと座布団と同じようなものに見えていたのに違いない。
枕代わりに頭を乗せられなかっただけでも儲けものだった。

重ねた紺の固い座布団や、あるいは季節によって下の段に仕舞われていた夏掛け冬掛けの一番上に、母親が自分を、それでも多少は気をつけながらそっと積み上げる様子を幾度も繰り返し眺めた気がする。

そんなことは有り得ないのに、まるで自分が宙に浮いてその母と娘の光景を見下ろしていたようなこの記憶は何故だか不思議なほど鮮明だった。

母に抱えられ自分はしっかりとまぶたを閉じていた。
時にむずがって鼻から音を立てたりすると、決まって母が、頼むから目覚ますんじゃないよ、と小声で呟いた。
母の背後にはいつも黒ずんだ影が立っていた。影は終始無言だった。

けれど初めこそ心地好いはずだった眠りも必ず嫌な物音に断ち切られてしまう運命だった。

十分陽に当てられることもしていない寝具はたいてい湿っぽくてかすかに黴の匂いをさせていた。
一旦目が覚めてしまえば柔らかさだけではちっとも安心できなかった。

気づけば部屋がぎしぎしと音を立てて揺れていた。

押し入れの襖さえ震わせるほどだった。
もちろんその物音こそがまことの眠りを邪魔したものだった。

荒い律動に合わせるように悲鳴とも笑い声ともつかぬ声が途切れ途切れに届いていた。
最初こそ控え目に響いていたその音は次第に大きくなっていくことが常だった。それがあの時の母のものだったと理解したのはもちろん大人になってからのことだ。

まことは暗がりの中でただ怯えていた。
それ以外に術などなかった。

得体の知れない、けれどなぜかよくないものだとはっきりとわかる何かがそこらじゅうにひそんでいて、そいつらがうめき声を上げながらいっせいにこちらに向かって襲いかかろうとしている。
鼻や口やでなければ目や、とにかく体の内側に繋がっているあらゆる場所を目掛けて押し寄せて、隙あらば中にもぐり込んでしまおうとしている。

そんな気がしてまことはきつく目を閉じて息を止め、全身を固く縮めてまるまった。
そうやってそのよくないものたちが行き過ぎるのをひたすら待った。

嵐がすぐに止むこともあった。
でもほとんどの場合まことの呼吸が苦しくなってしまうことの方が先だった。
そうなるとさすがに耐えきれずに泣き出した。

けれどその度に押し入れの引き戸がいっそう大きな音を立てて弾けるようにして揺れた。
驚いて肩を震わせて息を飲んだ。
叩いていたのが母だったのかそれとも別の誰かだったのか、それはまことにはわからなかった。

うるさいとか静かにしろとか、たぶんそんなふうな怒鳴り声も続いていたのだろうけれど、それもよくは覚えていない。
はっきりしているのは、幼いどころかまだほとんど乳飲み子の域を出ていなかった自分がいつの間にか、どんなに泣き叫んでも助けがくることはないのだと悟っていたに違いないということだけだった。

一番欲しかったのは温もりだった。
守られているという安心感だった。
そしてまだ言葉をきちんと操ることさえ難しかった頃にそれを諦めることを覚えた。

気がつけば彼女はいつのまにか声を出さずに泣く子供になっていた。


[第二十話(はるか篇-1)] [第二十二話(まこと篇-1)]

[PR]
by takuyaasakura | 2007-12-27 12:13 | 第二十一話(まこと篇-1) | Comments(0)

その日、止まっていたはずの彼女たちの物語が再びそっと動き始めた。
by takuyaasakura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ごあいさつ
トレーラー
第一話(イントロダクション)
第二話(イントロダクション)
第三話(イントロダクション)
第四話(イントロダクション)
第五話(はるか篇-1)
第六話(はるか篇-1)
第七話(はるか篇-1)
第八話(はるか篇-1)
第九話(はるか篇-1)
第十話(はるか篇-1)
第十一話(はるか篇-1)
第十二話(はるか篇-1)
第十三話(はるか篇-1)
第十四話(はるか篇-1)
第十五話(はるか篇-1)
第十六話(はるか篇-1)
第十七話(はるか篇-1)
第十八話(はるか篇-1)
第十九話(はるか篇-1)
第二十話(はるか篇-1)
第二十一話(まこと篇-1)
第二十二話(まこと篇-1)
浅倉卓弥より年末のご挨拶
浅倉卓弥より年始のご挨拶
第二十三話(まこと篇-1)
第二十四話(まこと篇-1)
第二十五話(まこと篇-1)
第二十六話(まこと篇-1)
第二十七話(まこと篇-1)
第二十八話(まこと篇-1)
第二十九話(まこと篇-1)
第三十話(まこと篇-1)
第三十一話(まこと篇-1)
第三十二話(はるか篇-2)
第三十三話(はるか篇-2)
第三十四話(はるか篇-2)
第三十五話(はるか篇-2)
第三十六話(はるか篇-2)
第三十七話(はるか篇-2)
第三十八話(はるか篇-2)
第三十九話(はるか篇-2)
第四十話(はるか篇-2)
第四十一話(はるか篇-2)
第四十二話(まこと篇-2)
第四十三話(まこと篇-2)
第四十四話(まこと篇-2)
第四十五話(まこと篇-2)
第四十六話(まこと篇-2)
第四十七話(まこと篇-2)
第四十八話(まこと篇-2)
第四十九話(まこと篇-2)
第五十話(まこと篇-2)
第五十一話(まこと篇-2)
第五十二話(まこと篇-2)
第五十三話(まこと篇-2)
第五十四話(まこと篇-2)
第五十五話(まこと篇-2)
第五十六話(まこと篇-2)
第五十七話(まこと篇-2)
第五十八話(はるか篇-3)
第五十九話(はるか篇-3)
第六十話(はるか篇-3)
第六十一話(はるか篇-3)
第六十二話(はるか篇-3)
第六十三話(はるか篇-3)
第六十四話(はるか篇-3)
前半のあらすじ
浅倉卓弥インタビュー[1]
浅倉卓弥インタビュー[2]
浅倉卓弥インタビュー[3]
第六十五話(はるか篇-3)
第六十六話(まこと篇-3)
第六十七話(まこと篇-3)
第六十八話(まこと篇-3)
第六十九話(まこと篇-3)
第七十話(まこと篇-3)
第七十一話(まこと篇-3)
第七十二話(まこと篇-3)
第七十三話(まこと篇-3)
第七十四話(まこと篇-3)
第七十五話(まこと篇-3)
第七十六話(まこと篇-3)
第七十七話(まこと篇-3)
第七十八話(まこと篇-3)
第七十九話(まこと篇-3)
第八十話(まこと篇-3)
第八十一話(まこと篇-3)
第八十二話(まこと篇-3)
第八十三話(まこと篇-3)
第八十四話(まこと篇-3)
第八十五話(まこと篇-3)
第八十六話(まこと篇-3)
第八十七話(はるか篇-4)
第八十八話(はるか篇-4)
第八十九話(はるか篇-4)
第九十話(はるか篇-4)
第九十一話(はるか篇-4)
第九十二話(はるか篇-4)
第九十三話(はるか篇-4)
第九十四話(はるか篇-4)
第九十五話(はるか篇-4)
第九十六話(まこと篇-4)
第九十七話(まこと篇-4)
第九十八話(まこと篇-4)
第九十九話(まこと篇-4)
第百話(まこと篇-4)
第百一話(まこと篇-4)
第百二話(まこと篇-4)
第百三話(まこと篇-4)
第百四話(まこと篇-4)
第百五話(まこと篇-4)
第百六話(まこと篇-4)
第百七話(まこと篇-4)
第百八話(まこと篇-4)
第百九話(まこと篇-4)
第百十話(まこと篇-4)
第百十一話(まこと篇-4)
第百十二話(まこと篇-4)
第百十三話(はるか篇-5)
第百十四話(はるか篇-5)
第百十五話(はるか篇-5)
第百十六話(はるか篇-5)
第百十七話(はるか篇-5)
第百十八話(はるか篇-5)
第百十九話(はるか篇-5)
第百二十話(はるか篇-5)
第百二十一話(はるか篇-5)
第百二十二話(はるか篇-5)
第百二十三話(はるか篇-5)
第百二十四話(はるか篇-5)
第百二十五話(はるか篇-5)
第百二十六話(はるか篇-5)
第百二十七話(はるか篇-5)
第百二十八話(まこと篇-5)
第百二十九話(まこと篇-5)
第百三十話(まこと篇-5)
第百三十一話(まこと篇-5)
第百三十二話(まこと篇-5)
第百三十三話(まこと篇-5)
第百三十四話(まこと篇-5)
第百三十五話(まこと篇-5)
第百三十六話(まこと篇-5)
第百三十七話(まこと篇-5)
第百三十八話(まこと篇-5)
第百三十九話(まこと篇-5)
第百四十話(まこと篇-5)
第百四十一話(まこと篇-5)
第百四十二話(まこと篇-5)
第百四十三話(まこと篇-5)
第百四十四話(まこと篇-5)
第百四十五話(まこと篇-5)
第百四十六話(まこと篇-5)
第百四十七話(まこと篇-5)
第百四十八話(まこと篇-5)
第百四十九話(はるか篇-6)
第百五十話(はるか篇-6)
浅倉卓弥より第百五十話に寄せて
第百五十一話(はるか篇-6)
第百五十二話(はるか篇-6)
第百五十三話(はるか篇-6)
第百五十四話(はるか篇-6)
第百五十五話(はるか篇-6)
第百五十六話(はるか篇-6)
第百五十七話(はるか篇-6)
第百五十八話(はるか篇-6)
第百五十九話(はるか篇-6)
第百六十話(はるか篇-6)
第百六十一話(はるか篇-6)
第百六十二話(はるか篇-6)
第百六十三話(はるか篇-6)
第百六十四話(はるか篇-6)
第百六十五話(はるか篇-6)
第百六十六話(まこと篇-6)
第百六十七話(まこと篇-6)
第百六十八話(まこと篇-6)
第百六十九話(まこと篇-6)
第百七十話(まこと篇-6)
第百七十一話(まこと篇-6)
第百七十二話(まこと篇-6)
第百七十三話(まこと篇-6)
第百七十四話(まこと篇-6)
第百七十五話(まこと篇-6)
第百七十六話(まこと篇-6)
第百七十七話(まこと篇-6)
第百七十八話(まこと篇-6)
第百七十九話(まこと篇-6)
第百八十話(まこと篇-6)
第百八十一話(まこと篇-6)
第百八十二話(まこと篇-6)
第百八十三話(まこと篇-6)
第百八十四話(まこと篇-6)
第百八十五話(まこと篇-6)
第百八十六話(まこと篇-6)
第百八十七話(はるか篇-7)
第百八十八話(はるか篇-7)
第百八十九話(はるか篇-7)
第百九十話(はるか篇-7)
第百九十一話(はるか篇-7)
第百九十二話(はるか篇-7)
第百九十三話(はるか篇-7)
第百九十四話(はるか篇-7)
第百九十五話(はるか篇-7)
第百九十六話(はるか篇-7)
第百九十七話(まこと篇-7)
第百九十八話(まこと篇-7)
第百九十九話(まこと篇-7)
第二百話(まこと篇-7)
第二百一話(まこと篇-7)
第二百二話(まこと篇-7)
第二百三話(まこと篇-7)
第二百四話(まこと篇-7)
第二百五話(まこと篇-7)
第二百六話(はるか篇-8)
第二百七話(はるか篇-8)
第二百八話(はるか篇-8)
第二百九話(はるか篇-8)
第二百十話(はるか篇-8)
第二百十一話(はるか篇-8)
第二百十二話(はるか篇-8)
第二百十三話(はるか篇-8)
第二百十四話(はるか篇-8)
第二百十五話(はるか篇-8)
第二百十六話(はるか篇-8)
第二百十七話(まこと篇-8)
第二百十八話(まこと篇-8)
第二百十九話(まこと篇-8)
第二百二十話(まこと篇-8)
第二百二十一話(まこと篇-8)
第二百二十二話(まこと篇-8)
第二百二十三話(まこと篇-8)
第二百二十四話(まこと篇-8)
第二百二十五話(まこと篇-8)
第二百二十六話(まこと篇-8)
第二百二十七話(まこと篇-8)
第二百二十八話(まこと篇-8)
第二百二十九話(まこと篇-8)
第二百三十話(終章)
第二百三十一話(終章)
第二百三十二話(終章)
第二百三十三話(終章)
第二百三十四話(終章)
第二百三十五話(終章)
第二百三十六話(終章)
第二百三十七話(終章)
第二百三十八話(終章)
[登場人物]

来生まこと
24歳。小学校時代に母親とともにはるかの隣家へ越して来る。以後は、はるかにとって一番近い存在となったのだけれど、高校卒業を前に家を出て現在は所在不明。

片岡はるか
24歳。教職についていた両親の一人娘で、自身は現在保育士として地元の幼稚園に勤めている。母の死後、二人暮しで衰えた父親の面倒を見ながら日々を送っている。

久住哲平
湖畔の食堂の一人息子。まこととはるかの二つ上で、二人の幼馴染み。現在は自動車修理工で故郷を離れている。



浅倉卓弥
(あさくら たくや)


1966年7月13日北海道札幌生れ。東京大学文学部卒。
2002年『四日間の奇蹟』で第一回『このミステリーがすごい!』大賞金賞を受賞し翌年デビュー。『君の名残を』、『雪の夜話』、『北緯四十三度の神話』、『ライティングデスクの向こう側』、『ビザール・ラヴ・トライアングル』など、次々と話題作を発表する気鋭の若手ベストセラー作家。



[連載小説]
*毎週月~金曜日連載*



[おことわり]

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認、内容により予告なく削除致します。予めご了承ください。
最新のコメント
気軽にセックスしたい人
by セックスフレンド募集コミュ at 13:21
登録するだけ!あとはメー..
by 逆ナン at 14:27
誰だよ。今ネットでも話題..
by あやの at 17:00
リア友に知られると不味い..
by リア友 at 19:38
はじめまして、これからお..
by KiRaRa 悪質 at 17:39
こんな時だからこそ、生..
by 備えあれば憂いナシ!! at 07:28
マグロだけですよ?!ベ..
by なっ、なんぞーっ?! at 06:49
自分はワンピースが一番好..
by ワンピース at 15:07
俺みたいなオッサン相手..
by 40歳のオッサンだったけど at 22:57
どぷゅんどぷゅん中に注..
by 満タンいきますです at 15:38
3発でまだ足りないって..
by んなアホな!? at 11:09
俺、初めてフェラティー..
by すごく気持ちよかった! at 14:14
今までデリ嬢に金払って..
by お゛お゛お゛お゛お゛ at 15:38
家出少女が集う家出掲示板..
by 家出掲示板 at 12:12
うにゃぁぁぁ!!8万で..
by もうキムタマからっぽw at 08:12
モバゲーもいいけどモバゲ..
by モバゲー at 14:15
只今身体の相性合う人探し..
by セフレ at 11:02
あんなに激しい騎 乗 ..
by まだ先っぽジンジンしてるw at 11:47
セレヴと契約して、美味..
by 生活レベルアップ!!!! at 02:51
ぷにぷにのパ イ パ ..
by ピューピュー吹いてましたwww at 07:29
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧