Thanks! 10th ANNIVERSARY  特別企画
<   2008年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

第二百三十八話(終章)

―この場所で、あたしたちは出会ったんだね。

目の前には湖が穏やかに広がっていた。
真昼の陽射しを受けて、あちこちに光のかけらが戯れるように揺れていた。

―あたしたち、ずいぶん回り道しちゃったのかもしれないね。

風がまた二人の傍らを行き過ぎた。

「ねえまこと、ほら」

不意にはるかが手を放し、一歩前へ出て振り向きながら空へと顎をしゃくった。
いつのまに手を後ろ手に組んでいる。
まことが見上げると、頭上には雲一つない青空がどこまでも高かった。
いっぱいに翼を伸ばした鳥が一羽視界をよぎって消えてしまうと、そこには本当に青だけしかなくなった。
はるかが一つ息を呑み、それからかすかに頬を染めて続けた。

「すっごくきれいなお月様だね」

そういって向きなおったはるかの目が照れ臭そうに笑っていた。
一瞬だけ戸惑いを浮かべたまこともすぐ首を縦に動かして応じた。

「うん、あたしもずっとそう思ってた」

二人はそのまま見詰め合う。
まるで互いの瞳に映る自分を確かめてでもいるかのようにじっと動かずそのままでいる。
はるかが一瞬唇を結び、それからまたたくらむような笑顔を見せた。

「ねえ、まこと」

うん、と頷いたまことにはるかは一つ鼻から息を吐いてから続けた。

「キスしよう」

「え、ここで? だって―」

かすかに頬を染めながらまことは周囲に目を走らせた。
子供たちともベンチの老人とも距離は十分に離れていたけれど、もし抱き合えば何をしてるかがわからないほどではなかった。
だがはるかはすぐかすかに頬を膨らませて続けた。

「いいわよ、別にしたくないなら。
その代わり、今しなかったらもうずっとそんなチャンスなんてないんだからね」

「そんなの、ずるいよ」

「さあ、どうする?」

はるかは楽しげに笑っている。
わかったよ、と顔をしかめて、まことは腕を持ち上げてはるかの両肩を抱く。
それでも二人はそのまましばし動かない。
ただ視線だけが覗き合う。

―ねえ、知ってる? 初めて会った時から特別だったの。

そんな言葉が宙を伝う。
まるでそこに引力があるかのように互いの顔が近づいていく。
けれど鼻と鼻が今にも触れ合いそうな距離になったところでまことがふと口を開いた。

「はるか。
目、閉じてよ。
ちょっと、やりにくい」

だがはるかは勝ち誇った瞳で返事する。

「嫌だ。
いったいどんな顔でするのかじっくり見てやる」

一瞬だけ唇を尖らせたまことは、それでもすぐはるかの肩をつかみなおして一つだけ息を呑む。

「じゃあ、行くよ」

「バカ」

頬を染めたはるかが目を閉じると二人の唇が重なった。
いつのまに互いの腕はそれぞれ背中に回されている。

―ねえわかる? あたし、貴女を愛しているの。

声にならない言葉が唇やそのほかの触れ合った場所から流れあう。
その奔流に身を委ねながら二人はしっかりと身体を合わせ長い長いくちづけを交わす。

不意に吠え始めた飼い犬にベンチの老人がふと顔を上げ、すぐ慌てたように目を戻す。
砂場で遊んでいた子供たちの一人が抱き合った二人に気づき、すっげえー、キスしてるぅと声を上げる。
あれ女同士じゃねえの? 
別の誰かが囁いて、混ざっていた女の子が、あんまり見ちゃだめだよ、と釘を刺す。
それでもなお二人は離れずにいる。

湖は静かにきらめいてる。
湖面を渡った穏やかな風が重なり合った彼女たちの形をそっと包み込んでいく。
二人の頭上には雲一つない真っ青な空がどこまでも晴れ渡って佇んでいる。


―了―


[第二百三十七話(終章)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-11-28 15:56 | 第二百三十八話(終章) | Comments(27)
第二百三十七話(終章)

二人は並んで坂道を降りた。
太陽がほとんど真上から彼女たちに降り注いでいた。
昔は十分に手を繋いで並べた歩道が今はもうかなり狭かった。
それでも肩を寄せ合うようにしていると時折手が触れ合った。
やがてはるかがまことの手を握りそっと指を絡めてきた。
まこともその手をしっかりと握り返した。

コンビニの角を折れ湖の側の歩道に渡った。
ほどなく哲平の家が見えてきて、はるかが少しだけ、まことの不在の間に彼の身に起きたことを説明した。
それでも哲平の転倒がまことの家出と同じ日の出来事であることは、彼女も口にはしなかった。
最初は驚きと狼狽を隠せなかったまことも、彼の結婚の報告にはどうにか頬を緩めることができた。
話題が彼らの第一子の予定日にまで至ったところで、まことが、じゃあひょっとして同じ学年になるのかな、とはるかのお腹を盗み見た。
気づいたはるかが、それがちょうど微妙なところなのよ、と肩をすくめて返事した。

やがて二人は目的の場所にたどりついた。
互いに口に出しこそしていなかったけれど、自分たちがそこを目指して歩いていたことは最初からわかりきっていた。
平日の午後の公園に人影はまばらだった。
広場に向いたベンチに犬を連れた老人が腰掛けて文庫本を読んでいる。
遊具の一画にだけ子供たちが集まって、何が楽しいのかさざなみみたいな歓声を上げていた。

はるかがふと立ち止まり声の方向へと顔を向けた。
柔らかく目を細め口元にはかすかな笑みを浮かべている。
その表情にほんのわずかに戸惑って、まことは横を向き少しだけ苛立たしそうに幾度か髪をかきあげた。
それまでずっと繋がれていた手がそっと離れた。
はるかがその手を後ろに組んで湖の方へと向きなおった。
二人は前後に重なるような位置になった。

「気持ちいい風ね」

「そうだね」

湖面を渡ってきた風がかすかな冷たさを帯びながら額や首筋を撫でていく。
それでもすっかり陽射しに温められたてい身体にはむしろ心地好いくらいだった。
後ろに立ったまことにはるかが前を向いたまま口を開いた。

「ねえまこと―」

なあに、とまことが訊き返した。
はるかが少しだけ俯いてから続けた。
顔はやはり湖水に向けたままだった。

「貴女はやっぱり、あの夜の続きがしたいのかな」

まことはすぐには答えなかった。
それでも相手に背を向けたまま、はるかも黙って返事を待った。

「したくないっていったら、たぶん嘘になるんだと思う。
でもはるかが嫌なら全然そんなの、しなくてもいい」

はるかはそこで振り向くと、一旦まことの顔を見つめてから再び目を伏せた。

「やっぱりちょっと、お父さんが生きている間は気がひけるんだ」

なんとなくわかるよ、とまことが頷くのを確かめてはるかは重ねた。

「まこと、それまで待てる?」

まことが首を縦に動かして応じた。
はるかが一歩詰め寄った。

「でもその時には、ひょっとしてあたしも貴女もすっかりお婆ちゃんになってるかもしれないよ。
だってあたし、頑張ってお父さんに長生きしてもらうつもりなんだから。
それでも待てる? 
それでもずっとそばにいてくれる?」

まことはもう一度ゆっくりと頷いて見せた。
かすかに強張っていたはるかの頬が静かにほぐれた。
それからはるかはそっと身体を回しまた湖面に向きなおると、小さな息を鼻から吐いて首を傾げた。

「だめよだ、まこと。
あたしのいうこといちいち真面目に聞いてたりしたら、きっとまことがもたないよ」

そういうとはるかは体の前で手を組んで小さな伸びをした。

「だってね、あたしの心なんて毎日毎日変わるんだもの。
少しも同じだったことなんてないの。
だからあたしの言葉なんて真に受けちゃだめ。
あたしにはもう何もわからないの。
ううん、違うわね。
もう、じゃないな。
最初からそうだった。
あたしには初めから何もわかってなんかいなかったのよ」

まことは答えずに歩み寄り、後ろからそっとはるかの肩を抱く。
顔を寄せ、髪の匂いを間近に感じる。

「やっぱりはるか、強くなったよ」

耳元にそう囁くと、全然そんなことないってば、とまたはるかが首を横に動かした。
さわりと髪がまことの頬に触れる。
思わず指が動いて静かにその髪をすいている。

「でも誰だってそんなものなんだと思うよ」

はるかの手が持ち上がり自分の肩の上のまことの手に重なる。
だがまことは気づかぬ振りで先を続ける。

「誰でもきっと、自分のことなのに自分っていうのが全然わからなくてさ、時にどれほど自分があやふやか頼りないか思い知っては幻滅したりしてるんだよ。
あたしだってずうっとそんなことばかりだった。
結局私たちはみんな似たような道を歩いてるんだ。
誰も彼も手探りで、初めて生きる一回きりの人生と向き合わなくちゃならなくてさ」

そこで言葉を切ったまことは、はるかの肩の上に乗せていた手のひらを裏返して、そこにあった相手の手に自分の指を絡めた。

「でももし、はるかが今そんなふうに何も信じられなくなってるんだとしたらさ、だったらあたしを信じればいい。
あたしは少なくとも、貴女を好きなあたしというものを信じてる。
それだけは疑わないって決めたんだ。
それだけはね、ずっと昔からわかってた。
絶対揺るがなかった。
だからさ、今からずっと、こんなふうにあたしの手をとってよ。
そうしたらきっと、この気持ちを分けてあげられると思うんだ」

ありがとう、とはるかが小さく呟いた。
するとまことが自分の言葉に照れたように一つ咳を払って身体を放し、今度ははるかの横に並んでぎこちなく手を繋ぎなおした。
はるかがその手を握り返した。


[第二百三十六話(終章)] [第二百三十八話(終章)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-11-27 11:47 | 第二百三十七話(終章) | Comments(0)
第二百三十六話(終章)

「貴女の手紙を読んだのはね、あたしの周りにもう本当に誰もいなくなっちゃて、何もかもがあたしを責め立ててるみたいになって、どうしようもなく辛くて辛くてしょうがない時だったの。
でもね、貴女の言葉を読んで、あたしも同じ気持ちだって思ったことも本当なの。
何度も自分に確かめたわ。
もうほかに頼るものがないから、それでも何かに縋らないと進めそうにないから、だからあたしは、あたしもずっとまことを好きだったんだって、そう思い込もうとしてるんじゃないかって」

はるかの口が短く動いてかすかに唇を噛み、再び開いた。

「でもたぶん、それでもいいのかなって、ちょっとだけ思ったの。
だってさ、ほら、よく嘘から出たまことってもいうし、だから、間違った選択なのかもしれないけど結果的に正しいことっていうのも、きっと世の中にはあるんだろうと思うのね。
たぶんそれを自分で認めてあげればそれでいいのかなって、正しかったことにできればそれでいいのかなってそう思ったの。
やっと思えたの」

何がいいたいのかわかんないわよね。
はるかがそう顔をしかめて見せると、まことが、なんとなくわかる、と首を縦に動かした。

「だけどもう二度とまことに何処にもいってほしくない。
絶対、何処にも」

まことはかすかに身構えた。

「それでもいい? 
それでもあたしと一緒にいてくれる?」

繰り返し首を縦に動かして、まことは、うん、うん、と声にならない返事を返した。
するとはるかがほっとしたように目に見えるほど肩の力を抜いた。
まことも右手をぎこちなく運び、すっかりぐしょぐしょになってしまった目元と鼻の下とをこすった。

「でもはるか、ずいぶん強くなったね。
いつだって泣くのはあんたの方だったのに」

呟いたまことにはるかが笑顔で首を横に振る。

「違うわよ」

そしてはるかが軽く目を閉じてから続ける。

「たぶんまことの前だからなの。
貴女なら絶対あたしを傷つけるようなことはしない。
少なくとも決して傷つけたくないと本当に思ってくれている。
それがわかっているから。
だからこんなふうに振舞えるの」

はるかはそこで片方だけで頬杖をつくと、反対の腕を伸ばしてまことの頬にそっと触れた。

「そんなの貴女だけなんだって、あたしもようやくそう気づいたの。
本当にあたしってば内弁慶だからさ、職場でもほかの機会でも、いいたいことなんてこれっぽっちもいえた試しがなかったわ」

まことが返す言葉を見つけられずにいるうちに、はるかが手を戻し、ごめんね、と小さく口にした。

「本当はちゃんと食べ終わってからいろいろ話そうと思ってたんだけどね」

食事はあちこち食べかけのままだった。
揃ってテーブルの上を見渡して、それから二人は顔を見合わせて、さっきまでとは少し違う笑みを交わした。

「続き、食べちゃおうよ」

箸に手を伸ばしながらはるかがいった。
まことはけれどかすかに眉を曲げた。

「うん。
でもなんかもう、胸いっぱいではいりそうもない」

「あら、あたしは食べるわよ。
残しちゃったらもったいないし」

いいながらはるかはもうお茶碗を運び自分の魚に箸をつけている。
つられてまことも続きを口に運び始めた。
ご飯も玉子焼きもすっかり冷めていたけれど、それでも何もかもがとても甘かった。

「こうしてると、何だか昔のまんまだね」

まことがいいはるかが頷いた。
けれどそこでまことはわずかに眉をひそめた。

「ちょっとだけね、あたしは何だか、自分がずっと子供のままでいたいから、だからはるかが好きなのかなとも思うことがあるの」

するとはるかも同じような顔を浮かべた。

「いわれてみると、あたしにもそういうとこちょっとはあるような気もする」

そういったはるかは箸を持ったままの右手を持上げて続けた。

「でもそれはきっとしょうがないことなんだと思うよ。
あたしたち人間はさ、子供のまんま大人になってしまう世にも稀な生き物なんだから、仕方がないのよ」

そうなんだ。
またお味噌汁を飲み下してまことが返事すると、そうなのよ、とはるかがしたり顔で頷いた。

「ねえ、これ片付けたら少し散歩でもしようか」

はるかがいい、まことがいいねとまた首を縦に動かした。


[第二百三十五話(終章)] [第二百三十七話(終章)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-11-26 18:38 | 第二百三十六話(終章) | Comments(3)
第二百三十五話(終章)

「でもね、貴女にだってもう貴女の生活があるだろうし、それに、先生だっけ? その人にだって―」 

「そんなの全然いいんだ。
先生にもちゃんと話してきた。
居場所があるんだったらそこに帰れってもいってもらった。
大丈夫、あたしがはるかの代わりに働いてあげる。
病院にだって連れていくよ。
炊事だってもうできるし、それに、それに―」

はるかの言葉を遮って一気にそこまでまくしたて、けれどまことはそこで不意に声を詰まらせた。
いつのまに自分は泣き出していた。
でも何故泣くのかがわからなかった。
それでもどうにか咽喉を振り絞り、まことはその先にいわなければならない言葉を継いだ。

「本当はずっと、ずっと帰ってきたかった。
ほかに何も要らないからただはるかのそばにいたかった」

はるかの腕がそっとのび、テーブルの上のまことの手に手のひらを重ねた。

「あたしもね、まことにそばにいてほしいと思ってる」

はるかは首を傾げると、なんでまことが泣くのよ、と笑ってみせた。
だが涙が次から次へと湧いてまことはただ頷くしかできなかった。

「まこと」

もう一方に手も伸ばし両手でまことの手を握り、はるかがまっすぐにまことを見た。

「もうどこにもいっちゃだめ。
そんなの絶対許さないんだからね。
今日からずっと未来永劫貴女はあたしのそばにいて。
でないとあたし、いつか一人ぽっちになっちゃうもの」

まことはまた懸命に首を縦に動かして答えた。

「ううん、まことがいなくなってからずっと、あたしはこの世界で一人きりみたいなものだったのかもしれないの」

そう呟いてはるかがふと、どこでもない場所をみるように視線を上に動かした。
まこともつられて宙を見上げ、それから顔を元に戻すとまた目と目がまっすぐにぶつかった。
はるかの手がそっとまことの指先をなだめるように確かめていた。

―そうだったね。
あたしたちは小さい頃からずっと、こうやって手を繋いでどうにか世界と向き合ってきた。

言葉にするまでもなく互いが互いにそう考えていることがわかった。

―そしてそれはたぶん、きっと出会う前から決まっていたことだったのよ。

触れ合った指先の、そこにある確かな体温がはっきりとそれぞれの思いを運んでいた。

―なのに、なのに長い間一人ぼっちにして、ごめんね。

泣きながらまことはまた二度三度と首を縦に動かした。
はるかの手が離れ、静かに傍らのティッシュを引き抜いてまことの目元を拭った。
右を二回、それから左を二回。
その指先を感じながらまことはじっと動かずにいた。

「やっぱりまこと美人よね。改めてそう思うわ」

その言葉と一緒にはるかの手が離れた。
そして彼女はわずかに肩を持ち上げて姿勢をただすと、まこと、と相手の名を呼んだ。
うん、とまことが頷くのを待ってはるかがゆっくりと切り出した。

「あたしはきっと、貴女が思っているよりずっとずるいよ。
貴女の気持ちを受け入れることと引き換えに、自分一人では到底抱えきれないものを全部貴女にも押し付けようとしているの。
それがすべてではないにしても、そういう気持ちがどこかにあることはたぶん本当なんだと思う」

そこで一つ間をおいてはるかはまたまことの目をまっすぐに見た。

「それでもね、でもこれだけは信じてほしいの。
貴女にそばにいてほしいって今いったその気持ちには絶対に嘘はないわ。
それがどういう思いなのか、まことがあたしに向けてくれているものと本当に同じものなのか。
正直今のあたしにはそれがまだよくわからないままなの」

注意深く言葉を選びながらはるかは続けた。


[第二百三十四話(終章)] [第二百三十六話(終章)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-11-25 15:06 | 第二百三十五話(終章) | Comments(0)
第二百三十四話(終章)

まことの答えを確かめたはるかは、そのまま首を持ち上げて天井を見上げると、今度は長い長い吐息をもらした。
それから席を離れるかのように椅子をずらして、けれど立ち上がることはせず、わずかに斜めになった位置からまことを見つめた。

「実はね、あたし、妊娠しちゃったんだ」

膝の上で組んだ手の指先が落ち着きなくうごめいていた。
今度はまことが息を吐く番だった。
知らぬ間に頬が強張っていることが自分でもわかった。

「訊いてもいい?」

なあに、とはるかが顔を持ち上げる。
彼女はこのほんのつかのまにもう笑顔を取り戻している。

「父親は、誰なの?」

続けたまことの声はどこか上ずっているようだった。
一瞬の間をおいてからはるかは静かに首を横に動かした。

「そんなの、いないわ」

まことが悲しげに眉をしかめた。
その表情をじっと見ていたはるかだったが、やがてまた首を振りながら俯いた。

「そりゃあね、あたしにだっていろいろあったのよ。
だってまこと八年もいなかったんだよ。
居場所も教えてくれなくて、どんなに話したくたって話せなかったんだから」

その声が今までとはうってかわって硬く響いて、まことは返す言葉を見つけられずに黙ったままになってしまった。
はるかが下を向いたまま続けた。

「本当いうとね、あたし今結構とんでもないことになっちゃってるんだ。
お父さん半分寝たきりみたいな状態なのに、仕事辞めなきゃならなくなっちゃってさ。
そのうえ子供までできちゃって、もうどうすればいいのかわからないくらい」

「そんなこと何にもいってなかったのに」

「電話でなんて話せないわよ」

そこではるかは顔を上げ、それから小さく眉を寄せた。

「どう考えたって本当は堕ろすしかないの。
そんなのは最初からわかってるのよ」

いいながらはるかの手は自分の下腹に降りている。

「そりゃあね、つつましく暮らせばひょっとして、お父さんの年金とか貯金とかで、働かなくてもしばらくは持つかもしれないわ。
でもずうっとじゃないのよ。
それに、このまま順調にいけば一年も経たないうちにあたしだって思うようには動けなくなっちゃうんだろうから、そうなったら今度は誰もお父さんの面倒みてあげる人がいなくなる。
何よりね、子供って産んで終わりじゃないし、むしろそれからの方が大変だと思うし。
考えれば考えるほど絶対無理なの」

はるかはそこで言葉を切ると、そっと下唇をかんでから顔を上げた。

「でもね、あたしどうしてもそうしたくないの。
怖いのもあるけど、それよりもどうにかして産んであげたいの。
この子をようこそって世界に迎え入れてあげたいの。
だってせっかくきてくれたのよ」

それからはるかは悲しそうな顔で笑った。

「ねえまこと、あたしどうすればいいんだと思う」

盗み見るようにはるかが見上げた。少し黙った後、まことは懸命に顔の上に笑みを作り上げてから口を開いた。

「あたしが、助けるよ」

するとはるかは穏やかに目を細め、それからゆっくりと首を左右に振った。

「ごめんね。
まことならそういってくれるって、わかってて訊いちゃった」

組んだままのはるかの手が前に動いて伸びのような形を作る。
まことはその指先を目で追った。


[第二百三十三話(終章)] [第二百三十五話(終章)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-11-21 13:48 | 第二百三十四話(終章) | Comments(0)
第二百三十三話(終章)

けれどまことが言葉をかける前に彼女がまた笑みを作りなおして顔を持ち上げた。

「ねえ、玉子焼きはどう? おいしくできてる?」

「うん、とっても。
一緒に食べた味だなあって思ってた」

「よくお弁当に入れたからね」

そのひとことにふと二人の頭にはもう一人の名前がよぎる。
だが互いにそれを口に出すことはしなかった。
ほんの短い沈黙の後、はるかが箸をおきわずかにまことに身を乗り出した。

「ひょっとしてさあ―」

なぁに、と眉を動かしたまことにはるかが何かたくらむような表情になった。

「貴女が私を好きになったのって、そもそもはご飯がおいしかったからなのかしら」

今度こそまことは本当にむせた。
口の中にあったお米や玉子焼きのかけらが鼻の奥にはりついて、繰り返し咳をしても離れてくれなかった。
ほらほら、とはるかが箱ごと差し出したティッシュを急いで二三枚引き抜いて洟をかんだ。

「いきなりそんなこといわないでよ。
お米鼻に入っちゃうじゃない」

ティッシュを丸めて脇に置きまことは相手をにらみつけた。
少しだけ済まなそうに肩をすくめたはるかだったが、すぐ次には上目遣いにまことを見たかと思うと今度はいきなり目をまるくした。
ほどなく咽喉の奥を鳴らすような音がもれ始め、それは次第に高まってついには笑い声になった。

「まこと、まこと―」

今やお箸も放り出し空いた手を両方ともお腹に当ててはるかは身をよじりながら笑っていた。
まことがさらに眉をしかめると、はるかが手を動かして自分の鼻の下を指差した。

「ここんとこ、ここんとこご飯粒ついてる。
二つも、二つも―」

慌てて手を伸ばすと指先に二つ粒が取れた。
まことは顔をしかめるとさっきのティッシュを取り上げてその二粒を中に隠した。
それでもはるかはまだ笑ったままだ。
いつのまに椅子を引いてすっかり身体を前に折り曲げてさえいる。

「もうとったわよ、ちょっとはるか。
そんなに笑うことないでしょう」

それでもはるかは激しく首を横に振るばかりだ。

「だって、だって、まことってば、すっごい真面目な顔して、なのに、なのに、ご飯粒、ご飯粒、しかも二つ、二つ―」

切れ切れにはるかはそう口にして思い出したようにまことの顔を指差した。
今や目尻に涙さえ浮かべている。
しばらくはまことも相手のそんな様子を憮然とにらんでいたのだけれど、見ているうちいつのまに自分の肩も揺れ出していた。
嗚咽みたいな音が口からこぼれて、やがてそれがはるかのものとそっくりな笑い声に変わっていった。

そのまま二人して食卓に向かい合って笑った。
涙がこぼれて仕方がなかった。
笑いながら泣いている、もうすっかりくしゃくしゃになった互いの顔と向き合うたびに、また新たな笑いが込み上げてどうにも止められなかった。
腹筋がつりそうになるほど笑い、それから二人して顔を見合わせ肩で息をしてどうにか呼吸を整えた。
それでも話しかけようとまことがどうにか真顔に戻ると、その表情にまたはるかが笑い出し、手のひらをこちらに向けて、ちょっと待って、といいながらもう片方の手を胸に運んだ。
けれどその仕草がなんだかマンガみたいで、今度はまことが手を目元に運ばなければならなくなった。

ようやくどうにか二人とも笑いが収まって、それぞれに放りだしていた箸に手を伸ばした時だった。
ふとはるかが顔を持ち上げた。

「でもまこと、やっとちゃんと笑ったね」

まこともかすかに唇をすぼめながら頷いた。

「うん。
なんだかすごくひさしぶり。
お腹どころか、顔の筋肉までつっちゃいそう」

その答えにはるかは再び箸をおくと、また最初のように両肘をついてその真ん中で組んだ手に顔を乗せた。

「ねえ、訊いてもいいかな」

「えと、なあに」

少しだけ真剣になった相手の表情に、まことは運びかけていた両腕をテーブルの上に戻して待った。
それでもはるかはすぐには先を続けずに、身体を起こすと組んでいた手をそのまま自分の膝の方へと伸ばし、それから短い息を吐いた。
そこで一旦唇を結んだはるかの視線がまっすぐにまことの瞳を覗き込んだ。

「あたしなら、貴女をそんなふうに笑わせてあげられるのね?」

かすかに気圧されて肩を引き、それからまことはぎこちなくうんと頷いた。

「あたしだけなのね?」

はるかが重ねた。
まことはもう一度首を縦に、今度はゆっくりと力をこめて動かした。


[第二百三十二話(終章)] [第二百三十四話(終章)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-11-20 12:07 | 第二百三十三話(終章) | Comments(0)
第二百三十二話(終章)

二人分のご飯とお味噌汁が運ばれてテーブルの上に食事が揃った。
いただきますと頭を下げてまことは箸を手に取った。
口にするどれもどこか懐かしい味がした。
ふと目を上げると、向かいのはるかはまだ箸も持ち上げぬままでいた。
それどころか両肘をテーブルの上につき手を組んで、その上に自分の顎をのせている。
わずかに首を傾げて心なしか目を細めているようでもあった。

「やだ、食べてるとこそんなふうに見ないでよ」

まことが不平を口にした。
けれどはるかは黙ったまま首を横に振っただけでまたすぐ視線をまことの上に戻した。
もう、と頬を膨らませたまことは、仕方なく気にしない振りを繕ってお味噌汁のお椀を両手で抱え口に運んだ。

「どう? おいしい?」

はるかが口を開いたけれど、生憎まことはちょうどお味噌汁を飲み込むところだった。
仕方なく首だけで頷くと、その瞬間いきなりお豆腐の熱さが咽喉に当たった。
驚いて思わず咳を一つ払うとはるかが笑いながらティッシュを一枚とってくれた。
箸をおき、ごめん、と手をあげてもう片方の手で胸を押さえた。
はるかが変な風に見てるからだよ。
そう文句を重ねもしたけれど、それでもやはりはるかは微笑んだままだった。
いいかげんはるかも食べなよ。
顔をしかめてまことがいうと、ようやくはるかも諦めたように箸を手にした。

はるかがお椀を持ち上げて唇をつけた。
その仕草に思わずまことの手の動きが止まっていた。
そんな様子をただみていることが不思議なほど心地よかった。
気づいたはるかが、何よ、仕返し? と鼻を膨らませて見せる。
まことは慌てて首を振り、急いで自分のお茶碗へと手を伸ばした。

少しだけそのまま黙って互いに箸を運んだ。
炊き立てのご飯は温かく甘く、お魚の皮もちょうど香ばしく焼けていた。
まことはまたお味噌汁を口にして、今度はちゃんと飲み下してから口を開いた。

「あたしもずっと先生のところで食事作ってたんだけどさぁ、お味噌汁の味が何だか違うのよね。
あ、先生ってあたしがずいぶんお世話になってた人なんだけどさ、お味噌汁だけはしょっちゅう文句ばっかりいわれてた」

「そうなの?」

「うん。ほら、ほかのお料理ならちゃんとレシピとか、探せばあるじゃない? 
でもお味噌汁にそういうのないし、それに結局は出汁入れて具入れてお味噌溶くだけなんだから、そんなに違いは出ないと思うんだけど、でもいっつもおいしくないっていわれた」

まことがそう続けると、はるかは箸を持ったまま眉を曲げた。

「もしかしてまこと、沸かしちゃってない」

「え?」

訊き返したまことにはるかが大きく首を縦に動かした。

「お味噌汁はね、お味噌入れたら絶対お鍋を沸騰させちゃだめなの。
お味噌ってさ、七十度だか八十度だかを越えると味が変わっちゃうらしいのよ。
だからお味噌溶く時は火を止めて少し冷ましてから入れるようにしないといけないし、温めなおす時もすごい弱火で沸かし過ぎないように気をつけてなきゃならないの」

「そうなんだ。さすがによく知ってるね」

「うん」

頷いたはるかはけれどそこで箸を止め、少しだけ俯いた。

「たぶんね、母さんが一番最初に教えてくれたこと」

ぽつりとそう呟いて、はるかはかすかに鼻を啜った。


[第二百三十一話(終章)] [第二百三十三話(終章)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-11-19 13:30 | 第二百三十二話(終章) | Comments(0)
第二百三十一話(終章)

「はるか―」

少しだけ戸惑ったような口調でまことが相手の名を呼んだ。
けれどはるかはすぐ、まあそれは、後でゆっくり話しましょう、と笑みを崩さず首だけをかすかに傾げて答えた。

「それよりまこと、貴女、お昼はどうしたの?」

はるかが訊いた。
まことは座りながら首を横に振って答えた。

「朝から何も食べてない」

「だめよ、三食ちゃんと食べないと、身体によくないんだから。
とにかくじゃあ、あたしと一緒に食べるでしょう? 
ありあわせのもので急いで何か作るから、ちょっとそこで待っててくれる?」

そういってエプロンを取り上げて首紐をくぐったはるかだったが、けれど手を腰の後ろに回したところでふと眉をひそめてまことに向いた。

「あ、でもその前にまず母さんに挨拶してきてよ。
あの人ずっと、本当に貴女のこと心配してたんだから」

頷いてまことは神妙な顔つきになって立ち上がった。
仏間わかるわよね、と確かめたはるかにまことが大丈夫と返事した。
それでもはるかは結局仏間にまでついてきた。
仏壇の扉は開いたままだった。
はるかが先に部屋に入り燭台の蝋燭に火をつけた。
まことは正座して鐘を鳴らし、静かな動作でお線香を炊き、それからそっと手を合わせた。
その一連を傍らに立ったままのはるかが見守っていた。

「ちゃんといろいろ、きちんと報告しなさいね。
あたしその間にご飯作っちゃうからさ」

はるかが手を上げて消えていくのを見送ると、まことは改めて遺影に向きなおり、もう一度背筋を伸ばしてから改めて合掌した。

「おばさん―」

やがて再び目を開けた彼女の口から、ぽつりとそれだけの言葉がもれた。
目元にはいつのまにかすかな涙がにじんでいる。
不意にどこからか風が行き過ぎて蝋燭の炎を揺らし、何かがことりと音を立てた。
そこでふと、まことは仏壇の脇に赤いものを見つけた。
手を伸ばしてみると、それは子供用の手袋だった。
手袋は左右のそれぞれが一本の赤い毛糸で結ばれていた。

まことが食堂に戻ると、このつかのまにもうキッチンからはお味噌汁や魚の焼けるいい匂いが漂い始めていた。
食器棚を開け中を見上げていたはるかは、それでもまことの気配に気づき、もうすぐできるから座っててね、と口にしながら焼き魚用の皿を手にして振り向いた。

「ちゃんと話せた?」

はるかが訊くとまことは黙ったまま頷いて、それから手に持っていた手袋を前にかざした。

「はるか、これ―」

はるかも一瞬手を止めてその赤い手袋を見つめたけれど、すぐに肩をすくめて、懐かしいでしょう、といいながら少しだけ鼻白んだような表情になった。

「あたしってば、驚くほど物持ちいいからさ」

「そうなんだ」

まことはかすかに眉を寄せはるかの顔と自分の手の中の赤い色彩とを見比べた。

「嘘うそ。
あたしもすっかりなくしちゃったんだと思ってたんだけどね、この前ちょっとお母さんの荷物整理してたら思いもかけずに出てきたの。
ちょっと懐かしくなっちゃってさ、そのまんま出しっぱなしにしてたのね、あたし」

ふうん、と相槌を打ち、まことは手袋を脇に置くと最初の椅子に腰を下ろした。
それから今思いついたという様子で、ねえ、あたしも何か手伝おうかと相手に訊いた。
だがはるかはすぐに首を振り、今日はいいわよ、とまた笑って手を振った。
「ところでさ、おじさんはどうしてるの?」

「うん。実はちょっと怪我しちゃって明後日まで入院してるんだ」

答えたはるかはけれどすぐ、あ、怪我っていっても、骨折ったとかそういうのじゃないからね、と慌てたように付け足して、それから手短に入院の経緯を説明した。

「そうなんだ。
でもじゃあ救急車呼んだり、大変だったんだね。
もう大丈夫なの?」

「ありがとう。
傷は大したことなくて、ちょっとほかのこともあっての念のための検査だから、とりあえずそれほど心配はしなくていいの」

そう返事したはるかが、お盆の上に並べた焼き魚と玉子焼きを運んできた。
どちらもまだかすかな湯気を立てていた。
まこと、じゃあ自分の分とって。
すぐご飯とお椀持ってくるから。
あ、箸は出しといたから、それ使って。
それと、お漬物出したら食べるわよね。
てきぱきとはるかに指示されてまことも中腰になって腕を伸ばした。
するとふと互いの顔が間近に寄って、目を上げたはるかが短く唇を結んでから口を開いた。

「だからさ、家には今あたしたち二人だけなんだよ。ちょっと嬉しい?」

いたずらっぽく眉を持ち上げて見せる相手にまことはかすかに頬を染め、それからすぐ慌てたように顔を背けた。
冗談よ、冗談。
いいながらはるかは空になったお盆ごと右手を持ち上げてまたキッチンに戻っていった。


[第二百三十話(はるか篇-9)] [第二百三十二話(終章)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-11-18 17:11 | 第二百三十一話(終章) | Comments(0)
第二百三十話(終章)

ドアチャイムが鳴った時、はるかはちょうどダイニングテーブルの拭き掃除を終えたところだった。
エプロンを外し椅子の背にかけた後、彼女はまず自分のいでたちをまっすぐ見下ろして汚れの有無を確かめた。
今日は淡いピンクのサマーセーターにグリーンのタータンチェックのスカートを合わせていた。
ちょっと子供っぽいようにも思えたけれど、自分では比較的気に入っていた。
本当は髪にリボンでも結びたい気分でもあったが、さすがにそれは控えていた。

リビングには昼前の陽射しがほどよく差し込んでいる。
テーブルの天板に跳ね返った光に少しだけ満足げに目を細め、はるかは一人頷いて部屋を出た。
それでも彼女はすぐには玄関には向かわずに、一旦洗面所へ歩くと急いで鏡の中の自分の髪形を確かめた。
廊下へ戻ったところでチャイムがまた遠慮がちに鳴り響いた。
今行くからちょっと待ってて。
そう声に出しながらはるかは、もうさほどの距離も残ってはいないというのに小走りになって廊下を駆けた。
靴脱ぎに降り、チェーンを外してドアを開けた。
そこに見つけた相手の姿にはるかはまず息を呑み、それからゆっくりと笑顔を作った。

「おかえりなさい」

俯けていた顔をぎこちなく持ち上げて、まことも一度咽喉を動かしてからようやく彼女に返事した。

「うん、久しぶり」

その声はどこか硬かった。
二人はそれきりしばし互いに黙った。
はるかはドアに手をかけた格好のまま、まことの方もすぐには敷居の向こうから動こうとはしなかった。

―ずいぶん大人っぽくなったね。
でもよかった、全然変わってないみたい。

それは互いの不在の長さを確かめるような時間だった。
不躾なほどの視線で二人は二人とも相手の顔を見つめていた。
そうしていれば、それぞれに通り過ぎてきたすべてが何もない宙を伝ってくるようにも思われていた。
やがてはるかが先に動いた。
両腕を伸ばし、どこかはしゃいだような仕草でいきなりまことの手を取った。

「ほら、そんなとこ突っ立ってないで、とにかく中に入んなさいよ」

「うん。じゃあ、おじゃまします」

だが踏み出しかけたまことに、かまちを上がりかけていたはるかが向きなおって頬を膨らませながら右の手を腰に当てた。

「違うでしょ」

「何が?」

「今のあいさつ」

え、と一旦は眉を寄せたまことだったが、すぐに相手のいわんとしてることを察したらしく、かすかに唇を尖らせながら短く頷いた。
それから少しだけ頬を染めたあと、まことはもう一度いいなおした。

「ただいま」

「はい、おかえりなさい」

はるかがまた笑顔に戻り、さあどうぞ、と家の中へと手を差し伸べた。

かまちの上には二人が昔使っていたスリッパが並んでいた。
そのまま前後に連なって、はるかが時折振り向いてはまことに言葉をかけた。

「髪、ずいぶん短くしてるのね」

「うん。変かな」

「そんなことないよ。
割と似合ってるかも。
ねえ、それ作務衣っていうやつなの?」

「服のこと? ああ、そうだよ」

「あんたひょっとして、それで電車乗ったり、街歩いたりしてきたの?」

「そんなにおかしいかな」

「おかしかないけど、目立ったでしょう」

「そういうの、あたしもうあんまり気にしないから。
それにこれ、動くのすごく楽なんだよ」

「そんなもんなの? 
でもあたしはちょっと気が引けるかも」

そんなやりとりのうち食堂につき、どうぞ、とはるかが椅子をすすめた。
そこはかつてのまことの指定席だった。
まことはでもすぐには腰を下ろさずに、その場所から改めて室内を見回した。
おそらく細かなところには小さな変化もあったのだろうけれど、彼女には何もかもが昔のままであるように思われた。
テレビに向かい合ったソファの位置も記憶の中と同じだった。
あそこで二人並んで映画やドラマを見たりしたっけ。
そう思いふと目を向けるとはるかと視線がぶつかった。
まことには相手がふと頷いたようにも見えた。


[第二百二十九話(まこと篇-8)] [第二百三十一話(終章)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-11-17 11:58 | 第二百三十話(終章) | Comments(0)
第二百二十九話(まこと篇-8)

「わかった。
すぐにいく。
今すぐ出るから、はるか落ち着いて、大丈夫?」

再び少しの間があった。
不意にはるかの吐息が遠くなり、それから小さく洟をかむ音が聞こえた。
まことは辛抱強くはるかの次の言葉を待った。

「ごめんね、また泣いちゃって。
でも、帰ってきてくれるのね?」

届いた声は少しだけ落着きを取り戻しているようだった。

「はるかがいいっていってくれるんなら」

頷きながらまことは答えた。
洟を啜り上げるような音を一つ挟んではるかが続けた。

「じゃあいつごろ着けるかわかったらすぐに連絡ちょうだい。
あたしずっと家で待ってるから」

はるかが懸命に明るい声を作ろうとしているのがわかった。

「はるかん家だね」

まことがいうと、はるかがううん、と首を振った。
見えはしないのにそれがわかった。

「あたしたちの家だわ」

ありがとう、と今度はまことが口にする番だった。
すぐに出発する支度するから。
予定がわかったらその場で連絡入れるから。
まことがそういうとはるかが、うん、わかった、と返事した。

名残惜しさと戦った末ようやく受話器を置くと、まことはそのまま玄関を飛び出して作業場へと駆けた。
座り込んでろくろを回していた先生に頭を下げ、どうしても急な用件ができてすぐ出かけたいのだと息せき切って口にした。
すいませんけれど、夕食の支度もまだ全然手がついてません。
まことがそう重ねると、そんなのは心配に及ばん、と先生がようやくこちらを向いた。
そして先生はそのまま立ち上がり、まじまじとまことの顔を見た。
もしなんだったら帰ってこなくてもいいぞ。
笑いながら先生がいった。
え、とまず当惑し、それから少しだけはにかんで、ありがとうございます、と頭を下げた。
すると先生は、お前のそんな顔、会ってから初めて見たわ、と苦笑しながら付け足した。

「そこがお前の居たい場所なんだな」

はい、とまことは頷いた。

「だったら必死でしがみつけ。
誰に何をいわれても気にするな」

もう一度首を縦に振って答えた。
先生がもういいとでもいうように右手を顔の前に持ち上げた。

「それからまこと」

でもそこで先生は思いついたようにまことの名を呼ぶと、ほんの少し唇をすぼめてから続けた。

「落ち着いたらな、志賀直哉くらいどこかで探して読んでおけ」

そういうと先生はまことの返事などもう待たずに背を向けてろくろの続きに戻っていった。
その背中にもう一度深く一礼し、音を立てないよう気をつけながらまことは作業場を後にした。
訪れた時の鞄に入るだけの私物を詰め、戸締りを幾度も確かめてから家を出た。
鍵は表の郵便受けの中にしまった。
先生なら察して気づいてくれるはずだった。

門をくぐってしまってからは、まことはもう振り向こうとはしなかった。
バスと電車を乗り継いでようやくターミナル駅に着くと、幸い上りの夜行寝台に間に合うことができた。
一番安い指定席を確保して、電話を見つけてはるかの家の番号を押し到着の予定を連絡した。
はるかはただ一言、待ってるからねとだけ口にした。

青い色をした車両に乗り込んだ。
まことの寝台は二階だった。
身を横たえて待っているとやがて車体が一つ揺れ列車が静かに滑り出した。
上体だけを起こして窓へと顔を近づけた。
後ろへと次々と流れていくホームやほかの様々なものを見るともなく眺めながら、この箱があたしをはるかの元へと運んでくれるんだなと思った。
不意に何だか温かいものが胸に込み上げて、いつのまにそれは目尻からこぼれて自分の頬を伝っていた。


[第二百二十八話(まこと篇-8)][第二百三十話(終章)]

[PR]
by takuyaasakura | 2008-11-14 14:11 | 第二百二十九話(まこと篇-8) | Comments(0)

その日、止まっていたはずの彼女たちの物語が再びそっと動き始めた。
by takuyaasakura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ごあいさつ
トレーラー
第一話(イントロダクション)
第二話(イントロダクション)
第三話(イントロダクション)
第四話(イントロダクション)
第五話(はるか篇-1)
第六話(はるか篇-1)
第七話(はるか篇-1)
第八話(はるか篇-1)
第九話(はるか篇-1)
第十話(はるか篇-1)
第十一話(はるか篇-1)
第十二話(はるか篇-1)
第十三話(はるか篇-1)
第十四話(はるか篇-1)
第十五話(はるか篇-1)
第十六話(はるか篇-1)
第十七話(はるか篇-1)
第十八話(はるか篇-1)
第十九話(はるか篇-1)
第二十話(はるか篇-1)
第二十一話(まこと篇-1)
第二十二話(まこと篇-1)
浅倉卓弥より年末のご挨拶
浅倉卓弥より年始のご挨拶
第二十三話(まこと篇-1)
第二十四話(まこと篇-1)
第二十五話(まこと篇-1)
第二十六話(まこと篇-1)
第二十七話(まこと篇-1)
第二十八話(まこと篇-1)
第二十九話(まこと篇-1)
第三十話(まこと篇-1)
第三十一話(まこと篇-1)
第三十二話(はるか篇-2)
第三十三話(はるか篇-2)
第三十四話(はるか篇-2)
第三十五話(はるか篇-2)
第三十六話(はるか篇-2)
第三十七話(はるか篇-2)
第三十八話(はるか篇-2)
第三十九話(はるか篇-2)
第四十話(はるか篇-2)
第四十一話(はるか篇-2)
第四十二話(まこと篇-2)
第四十三話(まこと篇-2)
第四十四話(まこと篇-2)
第四十五話(まこと篇-2)
第四十六話(まこと篇-2)
第四十七話(まこと篇-2)
第四十八話(まこと篇-2)
第四十九話(まこと篇-2)
第五十話(まこと篇-2)
第五十一話(まこと篇-2)
第五十二話(まこと篇-2)
第五十三話(まこと篇-2)
第五十四話(まこと篇-2)
第五十五話(まこと篇-2)
第五十六話(まこと篇-2)
第五十七話(まこと篇-2)
第五十八話(はるか篇-3)
第五十九話(はるか篇-3)
第六十話(はるか篇-3)
第六十一話(はるか篇-3)
第六十二話(はるか篇-3)
第六十三話(はるか篇-3)
第六十四話(はるか篇-3)
前半のあらすじ
浅倉卓弥インタビュー[1]
浅倉卓弥インタビュー[2]
浅倉卓弥インタビュー[3]
第六十五話(はるか篇-3)
第六十六話(まこと篇-3)
第六十七話(まこと篇-3)
第六十八話(まこと篇-3)
第六十九話(まこと篇-3)
第七十話(まこと篇-3)
第七十一話(まこと篇-3)
第七十二話(まこと篇-3)
第七十三話(まこと篇-3)
第七十四話(まこと篇-3)
第七十五話(まこと篇-3)
第七十六話(まこと篇-3)
第七十七話(まこと篇-3)
第七十八話(まこと篇-3)
第七十九話(まこと篇-3)
第八十話(まこと篇-3)
第八十一話(まこと篇-3)
第八十二話(まこと篇-3)
第八十三話(まこと篇-3)
第八十四話(まこと篇-3)
第八十五話(まこと篇-3)
第八十六話(まこと篇-3)
第八十七話(はるか篇-4)
第八十八話(はるか篇-4)
第八十九話(はるか篇-4)
第九十話(はるか篇-4)
第九十一話(はるか篇-4)
第九十二話(はるか篇-4)
第九十三話(はるか篇-4)
第九十四話(はるか篇-4)
第九十五話(はるか篇-4)
第九十六話(まこと篇-4)
第九十七話(まこと篇-4)
第九十八話(まこと篇-4)
第九十九話(まこと篇-4)
第百話(まこと篇-4)
第百一話(まこと篇-4)
第百二話(まこと篇-4)
第百三話(まこと篇-4)
第百四話(まこと篇-4)
第百五話(まこと篇-4)
第百六話(まこと篇-4)
第百七話(まこと篇-4)
第百八話(まこと篇-4)
第百九話(まこと篇-4)
第百十話(まこと篇-4)
第百十一話(まこと篇-4)
第百十二話(まこと篇-4)
第百十三話(はるか篇-5)
第百十四話(はるか篇-5)
第百十五話(はるか篇-5)
第百十六話(はるか篇-5)
第百十七話(はるか篇-5)
第百十八話(はるか篇-5)
第百十九話(はるか篇-5)
第百二十話(はるか篇-5)
第百二十一話(はるか篇-5)
第百二十二話(はるか篇-5)
第百二十三話(はるか篇-5)
第百二十四話(はるか篇-5)
第百二十五話(はるか篇-5)
第百二十六話(はるか篇-5)
第百二十七話(はるか篇-5)
第百二十八話(まこと篇-5)
第百二十九話(まこと篇-5)
第百三十話(まこと篇-5)
第百三十一話(まこと篇-5)
第百三十二話(まこと篇-5)
第百三十三話(まこと篇-5)
第百三十四話(まこと篇-5)
第百三十五話(まこと篇-5)
第百三十六話(まこと篇-5)
第百三十七話(まこと篇-5)
第百三十八話(まこと篇-5)
第百三十九話(まこと篇-5)
第百四十話(まこと篇-5)
第百四十一話(まこと篇-5)
第百四十二話(まこと篇-5)
第百四十三話(まこと篇-5)
第百四十四話(まこと篇-5)
第百四十五話(まこと篇-5)
第百四十六話(まこと篇-5)
第百四十七話(まこと篇-5)
第百四十八話(まこと篇-5)
第百四十九話(はるか篇-6)
第百五十話(はるか篇-6)
浅倉卓弥より第百五十話に寄せて
第百五十一話(はるか篇-6)
第百五十二話(はるか篇-6)
第百五十三話(はるか篇-6)
第百五十四話(はるか篇-6)
第百五十五話(はるか篇-6)
第百五十六話(はるか篇-6)
第百五十七話(はるか篇-6)
第百五十八話(はるか篇-6)
第百五十九話(はるか篇-6)
第百六十話(はるか篇-6)
第百六十一話(はるか篇-6)
第百六十二話(はるか篇-6)
第百六十三話(はるか篇-6)
第百六十四話(はるか篇-6)
第百六十五話(はるか篇-6)
第百六十六話(まこと篇-6)
第百六十七話(まこと篇-6)
第百六十八話(まこと篇-6)
第百六十九話(まこと篇-6)
第百七十話(まこと篇-6)
第百七十一話(まこと篇-6)
第百七十二話(まこと篇-6)
第百七十三話(まこと篇-6)
第百七十四話(まこと篇-6)
第百七十五話(まこと篇-6)
第百七十六話(まこと篇-6)
第百七十七話(まこと篇-6)
第百七十八話(まこと篇-6)
第百七十九話(まこと篇-6)
第百八十話(まこと篇-6)
第百八十一話(まこと篇-6)
第百八十二話(まこと篇-6)
第百八十三話(まこと篇-6)
第百八十四話(まこと篇-6)
第百八十五話(まこと篇-6)
第百八十六話(まこと篇-6)
第百八十七話(はるか篇-7)
第百八十八話(はるか篇-7)
第百八十九話(はるか篇-7)
第百九十話(はるか篇-7)
第百九十一話(はるか篇-7)
第百九十二話(はるか篇-7)
第百九十三話(はるか篇-7)
第百九十四話(はるか篇-7)
第百九十五話(はるか篇-7)
第百九十六話(はるか篇-7)
第百九十七話(まこと篇-7)
第百九十八話(まこと篇-7)
第百九十九話(まこと篇-7)
第二百話(まこと篇-7)
第二百一話(まこと篇-7)
第二百二話(まこと篇-7)
第二百三話(まこと篇-7)
第二百四話(まこと篇-7)
第二百五話(まこと篇-7)
第二百六話(はるか篇-8)
第二百七話(はるか篇-8)
第二百八話(はるか篇-8)
第二百九話(はるか篇-8)
第二百十話(はるか篇-8)
第二百十一話(はるか篇-8)
第二百十二話(はるか篇-8)
第二百十三話(はるか篇-8)
第二百十四話(はるか篇-8)
第二百十五話(はるか篇-8)
第二百十六話(はるか篇-8)
第二百十七話(まこと篇-8)
第二百十八話(まこと篇-8)
第二百十九話(まこと篇-8)
第二百二十話(まこと篇-8)
第二百二十一話(まこと篇-8)
第二百二十二話(まこと篇-8)
第二百二十三話(まこと篇-8)
第二百二十四話(まこと篇-8)
第二百二十五話(まこと篇-8)
第二百二十六話(まこと篇-8)
第二百二十七話(まこと篇-8)
第二百二十八話(まこと篇-8)
第二百二十九話(まこと篇-8)
第二百三十話(終章)
第二百三十一話(終章)
第二百三十二話(終章)
第二百三十三話(終章)
第二百三十四話(終章)
第二百三十五話(終章)
第二百三十六話(終章)
第二百三十七話(終章)
第二百三十八話(終章)
[登場人物]

来生まこと
24歳。小学校時代に母親とともにはるかの隣家へ越して来る。以後は、はるかにとって一番近い存在となったのだけれど、高校卒業を前に家を出て現在は所在不明。

片岡はるか
24歳。教職についていた両親の一人娘で、自身は現在保育士として地元の幼稚園に勤めている。母の死後、二人暮しで衰えた父親の面倒を見ながら日々を送っている。

久住哲平
湖畔の食堂の一人息子。まこととはるかの二つ上で、二人の幼馴染み。現在は自動車修理工で故郷を離れている。



浅倉卓弥
(あさくら たくや)


1966年7月13日北海道札幌生れ。東京大学文学部卒。
2002年『四日間の奇蹟』で第一回『このミステリーがすごい!』大賞金賞を受賞し翌年デビュー。『君の名残を』、『雪の夜話』、『北緯四十三度の神話』、『ライティングデスクの向こう側』、『ビザール・ラヴ・トライアングル』など、次々と話題作を発表する気鋭の若手ベストセラー作家。



[連載小説]
*毎週月~金曜日連載*



[おことわり]

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認、内容により予告なく削除致します。予めご了承ください。
最新のコメント
気軽にセックスしたい人
by セックスフレンド募集コミュ at 13:21
登録するだけ!あとはメー..
by 逆ナン at 14:27
誰だよ。今ネットでも話題..
by あやの at 17:00
リア友に知られると不味い..
by リア友 at 19:38
はじめまして、これからお..
by KiRaRa 悪質 at 17:39
こんな時だからこそ、生..
by 備えあれば憂いナシ!! at 07:28
マグロだけですよ?!ベ..
by なっ、なんぞーっ?! at 06:49
自分はワンピースが一番好..
by ワンピース at 15:07
俺みたいなオッサン相手..
by 40歳のオッサンだったけど at 22:57
どぷゅんどぷゅん中に注..
by 満タンいきますです at 15:38
3発でまだ足りないって..
by んなアホな!? at 11:09
俺、初めてフェラティー..
by すごく気持ちよかった! at 14:14
今までデリ嬢に金払って..
by お゛お゛お゛お゛お゛ at 15:38
家出少女が集う家出掲示板..
by 家出掲示板 at 12:12
うにゃぁぁぁ!!8万で..
by もうキムタマからっぽw at 08:12
モバゲーもいいけどモバゲ..
by モバゲー at 14:15
只今身体の相性合う人探し..
by セフレ at 11:02
あんなに激しい騎 乗 ..
by まだ先っぽジンジンしてるw at 11:47
セレヴと契約して、美味..
by 生活レベルアップ!!!! at 02:51
ぷにぷにのパ イ パ ..
by ピューピュー吹いてましたwww at 07:29
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧